秩父市生涯活躍のまちづくり(秩父版CCRC)「花の木プロジェクト」

 秩父市では、「秩父市生涯活躍のまちづくり(秩父版CCRC)」モデル事業(拠点整備事業)の一環として、公民連携によりサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)等を整備する「花の木プロジェクト」を進めています。

「花の木プロジェクト」イメージパース

プロジェクトの概要

 上町3丁目にある市有地(市営花ノ木住宅の未利用部分敷地)を活用し、公民連携により、サ高住および地域開放型交流拠点施設(仮称:秩父市花の木交流センター)を整備します。

位置

 現地は、中心市街地に程近く、閑静な文教地区となっています。
 秩父図書館をはじめとした公共施設も徒歩圏内にあり、生活利便性の高い地域です。

現地位置図

「花の木プロジェクト」現地案内図

整備する施設

 敷地北側に市が交流センターを整備し、南側には公募により選定された連携事業者「株式会社コミュニティネット」がサ高住を整備します。
 交流センターは木造平屋建て、サ高住は木造2階建て全20戸の規模を予定しています。
 交流センターは、サ高住と一体的な運営を行うことにより入居者向けのサービスを提供するほか、地域にお住まいの方にも開放(コミュニティレストランの運営、交流スペースの利用など)することで、移住者と地域住民との交流の場としていく予定です。

施設配置イメージ図

「花の木プロジェクト」施設配置イメージ図

イメージパース(敷地東側上空から見たイメージ)

「花の木プロジェクト」イメージパース

株式会社コミュニティネットと「基本協定」を締結

 平成30年9月11日、公募により選定された連携事業者である「株式会社コミュニティネット」(東京都千代田区・代表取締役社長 須藤康夫)と市との間で、「花の木プロジェクト」の推進に関する基本協定を締結しました。

株式会社コミュニティネットとの基本協定締結

公募・選定の経緯については下記リンクからご参照ください。

 秩父市生涯活躍のまちづくり(秩父版CCRC)モデル事業(拠点整備事業)参画事業実施主体の公募