特別定額給付金

 5月19日(火)に秩父郵便局から申請書(一部を除く)発送しました。5月20日(水)以降、市内の各世帯主あてに順次配達されます。郵送申請の受付は、5月21日(木)から開始します。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、市役所窓口での申請はお控えください。

 

 閣議決定された「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」に基づき、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業を実施します。

給付対象

 

給付対象者

 令和2427日(基準日)において、秩父市の住民基本台帳に記録されている方

 

申請・受給権者

 その方の属する世帯の世帯主

 

給付額

 給付対象者一人につき10万円

 

申請方法 (原則として「郵送申請」または「オンライン申請」)

 

郵送申請方式(申請・受給権者あてに郵送された申請書による申請)

 

申請期間

 令和2年5月21日(木)から令和2年8月20日(木)まで(必着)

 

 

申請手順

 市から、あらかじめ給付対象者(世帯員)の情報を印刷した申請書を申請・受給権者(世帯主)あてに郵送します

 郵送された申請書に必要事項を記入し、「世帯主の本人確認書類の写し」と「世帯主の振込先金融機関口座確認書類の写し」を添えて、返信用封筒(郵送される申請書に同封します)に入れてご返送いただきます。

※郵送申請の場合、マイナンバー及びマイナンバーカードは必須ではありません。 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、市役所窓口での申請はお控えください。

※既にオンライン申請済の方に申請書が届いた場合、重複して申請をすることはできません。

 

参考資料(各世帯に送付したものと同じです)

申請のご案内(申請手順の説明文書)(81KB)

申請書記入例(2713KB)

  

オンライン申請方式(マイナンバーカードが必要)

申請期間

 5月9日(土)13時から受付を開始しています。

 申請は「 マイナポータル」経由になります。

 

対象者

 マイナンバーカードを所有する世帯主で、内閣府が提供する「マイナポータル」を利用できる方

申請方法

 「マイナポータル」にアクセスしていただき、必要事項(住所や対象者、振込先口座等)を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし電子申請(電子署名により本人確認を実施するため、本人確認書類は不要です。)

 

 申請にあたり必要な準備や申請の流れは「総務省ホームページ「特別定額給付金(オンラインで申請する)」」にてご確認ください。

 

配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援

 配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2427日(基準日)以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、一定の要件を満たしている場合、世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、今お住いの市区町村に特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができる措置を受けることができます。

 詳しくは、「配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援」をご参照ください。

 

給付開始日

 申請書の記入漏れ、添付書類の不備等が無ければ、申請受付後2週間ほどでご指定の口座に給付金をお振り込みします。

 ※申請受付開始直後は申請が集中することが予想されるため、振込処理に時間を要する可能性があります。可能な限り、申請時期の分散にご協力をお願いいたします。

 

詐欺被害の防止

それ、給付金を装った詐欺かもしれません!

それ、給付金を装った詐欺かもしれません!
それ、給付金を装った詐欺かもしれません!(PDF版)PDF

「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください!
  • 市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • 市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。
 ご自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

 

 

特別定額給付金コールセンター(国)

 総務省では、特別定額給付金に関する皆様からの問い合わせに対応するため、「コールセンター」を設置しています。給付金の概要など、詳しくは下記のコールセンターにお問合せください。

  • 総務省コールセンター 電話:0120-260020(9時~18時30分)

 ※電話がつながりにくい場合があります。つながらない場合は、時間をおいておかけ直しください。

 

関連リンク