秩父市未来技術社会実装協議会

 秩父市では、未来技術を活用して地域課題の解決を目指す取り組みを支援する内閣府の「未来技術社会実装事業」に令和2年(2020年)8月に採択されました。これを受け、当該事業を国や県、民間事業者、地元関係団体、地域町会、そして地域住民の方等と一体となって進めていくため、令和2年(2020年)11月より「秩父市未来技術社会実装協議会」を設置しています。

 協議会では、事業内容の確認や情報共有、意見交換などを行っております。今後、国の人的支援を得ながら、官民一体となって、秩父市の大滝地域でドローン(小型無人機)やIoT(モノのインターネット)、自動運転などの未来技術を活用した事業に着手していきます。

 

※会議及び資料につきましては、事業を進めていくうえでこれらが公表されることにより、公正な競争の原理を侵害すると認められるため、一部非公開としております。

秩父市の提案内容

設立根拠

協議会開催状況

第1回協議会(2020年11月6日)

第2回協議会(2021年3月23日)

第3回協議会(2021年8月25日)

関連ページ