秩父市社会資本総合整備計画

 地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、「社会資本総合整備計画」を作成し、これを公表するとともに、国土交通大臣に提出することとなっています。
 また、事業が完了したときは、事業成果についての評価を行い、これを公表するとともに、国土交通大臣に報告することとなっています。
 
 事業が完了し事後評価を行った計画は「都市公園事業」です。この評価報告を、今後の都市公園事業に反映していきます。
 また、現在実施している「社会資本総合整備計画」は、地域の歴史、文化、自然環境などの特性を生かした個性あふれる“まちづくり”を実現し、都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的として創設された「都市再生整備計画事業」です。秩父市では、次のとおり計画を作成し、この計画に沿って事業を実施していく予定です。
 

ダウンロード

      社会資本総合整備計画事後評価(秩父市憩いある都市公園の整備)(1,095KB)

 

         中心市街地地区センター施設必要性(131KB)
     社会資本整備総合交付金チェックシート (116KB)

 

関連情報