5段階の「警戒レベル」で避難のタイミングをお知らせします

警戒レベル4で全員避難  避難情報の伝え方が変わります

 

 平成30年7月豪雨での教訓を踏まえ、内閣府では「避難勧告等に関するガイドライン」を改定し、市民の皆様が災害時に情報の意味を直感的に理解し、避難行動がとれるよう、避難情報等を5段階の警戒レベルを用いて提供するとともに、とるべき行動を明確化することとなりました。


警戒レベル5を待たない

 警戒レベル5になってから避難を始めるのでは、手遅れになる可能性があります。
 警戒レベル4の避難情報が発令されたら全員避難を始めてください。

警戒レベルの内容

警戒レベル5
災害発生情報
既に災害が発生。
命を守るため最善の行動を 
警戒レベル4
避難指示(緊急)または避難勧告 
全員避難。
避難所までの移動が危険な場合は近くのより安全な場所へ
警戒レベル3
避難準備・高齢者等避難開始
高齢者、乳幼児など避難に時間のかかる人とその支援者は避難。
その他の人は避難の準備を
警戒レベル2
洪水注意報、大雨注意報など
ハザードマップなどで避難行動を確認
警戒レベル1
早期注意情報
災害への心構えを高める
※警戒レベル1~5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することがあります。
※警戒レベル3から警戒レベル5は秩父市が発令、警戒レベル1と警戒レベル2は気象庁が発表します。

ダウンロード

関連情報