スプレー缶を廃棄するときは注意しましょう!

 スプレー缶は、中身を使い切るか、ガス抜きキャップを使用し、ガスが残っていないことを確認してから不燃ごみとして出してください。
 屋内で大量噴射したり、中身が入った状態で廃棄すると重大な事故につながる可能性があります。 

 

スプレー缶の出し方

(1)中身の有無を確認しましょう!

 缶を手で振って中の音を聞いてください。中身が残っていると、「シャカシャカ」「チャプチャプ」などの音がします。


(2)使い切れない場合は中身を出しましょう。

 以下の項目に注意しながら、シューッという音がしなくなるまでボタンを押して中身を出しきるか、ガス抜きキャップを使用し、中身を出しきってください。

  • ティッシュや新聞紙に吹き付けることで、周囲への飛散にご配慮ください。
  • 必ず火気のない風通しのよい屋外で行ってください。
  • ガス抜きキャップの使用については、商品に記載された使用説明を必ずご覧ください。  

 

秩父広域市町村圏組合ホームページ

家庭ごみの出し方 
スプレー缶・卓上カセットガスボンベ・ライターの出し方 
↑こちらをご参照ください。