軽自動車のグリーン化特例の延長について

 平成27年度税制改正で実施されたグリーン化特例(軽課)について、特例措置が1年間延長になりました。
 平成29年度課税時に、三輪および四輪の軽自動車で、排出ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、グリーン化特例(軽課)が適用されます。

適用条件

 平成28年度4月1日から平成29年度3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪および四輪の軽自動車(新車に限る)で、次の基準を満たす車両について、当該取得をした日の属する年度の翌年度(平成29年度)分の軽自動車税に限り、グリーン化特例を適用します。

軽課税率

新車を新規登録した期間

平成28年4月1日から平成29年3月31日まで

標準税率

軽課税率の区分

75%軽減税率(ア)

50%軽減税率(イ)

25%軽減税率(ウ)

車種

三輪

1,000 円

2,000 円

3,000 円

3,900円

四輪 乗用営業

1,800 円

3,500 円

5,200 円

6,900円

四輪 乗用自家

2,700 円

5,400 円

8,100 円

10,800円

四輪 貨物営業

1,000 円

1,900 円

2,900 円

3,800円

四輪 貨物自家

1,300 円

2,500 円

3,800 円

5,000円

(ア) 電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)

(イ) 乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車
   貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

(ウ) 乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車
   貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車
       
※(イ)、(ウ)については、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。
※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。