秩父市の市章、花・木・鳥、市歌

秩父市章

秩父市章

 大正15年(1926年)4月8日に制定され、平成17年の4市町村合併後も、秩父市の市章として採用されました。秩父市の「父」の字を図案化したもので、協和の精神を表現しています。


 秩父市のシンボルである「花」、「木」、「鳥」


秩父市の花 「シバザクラ」

シバザクラ

秩父市の木 「カエデ」

カエデ

秩父市の鳥 「オオルリ」

オオルリ


秩父市歌

ダウンロード

秩父市歌:県立秩父高等学校音楽部 混声二部合唱(mp3:1608KB)
※zipファイルをダウンロード後、試聴してください。
秩父市歌 歌詞(93KB)

「秩父市歌」

勝   承夫 作詞
下總 皖一 作曲

1 青空のもと みどりかがやき
  山ふところに 光あつまる
  若鮎はしる 荒川の瀬に
  進みてやまぬ 力こもりて
  わが秩父市は 希望のふるさと

2 柞の森 風は 清らに
  糸織る歌を はるかつたえて
  古今の文化 花咲くところ
  進取の夢も みのるよろこび
  わが秩父市の 未来ははてなし

3 武甲の峰を 雲はいろどり
  観光楽し さくらもみじに
  幸ある町よ 人あたたかに
  平和の理想 永遠にかわらず
  わが秩父市は 心のふるさと

※クリックすると拡大しますクリックすると拡大します