地域医療対策課

 地域医療対策課では、市民の皆さんが健康で安心して毎日を暮らせるように秩父地域の医療サービス体制の強化や救急医療体制の充実に取り組んでいます。秩父郡市医師会をはじめ医療関係機関との連携を図り協議を進めています。平成22年4月から、夜間・休日の二次救急輪番制病院が3病院となりました。病院の医師や医療スタッフの疲弊を防ぎ、救急医療体制を維持するために、市民の皆さんに救急医療に対する理解をいただくための広報活動を実施します。
 ちちぶ定住自立圏構想により設置された「ちちぶ医療協議会」の事務局として協議会の運営を担い秩父圏域1市4町の地域医療体制の維持・向上を図ります。
 

地域医療対策事業

  • 秩父郡市医師会、埼玉県等との連携の推進
  • 小児の救急リーフレットの配布による啓発活動の実施
     保護者の皆さんに、小児の救急医療について医療機関を受診する前に知っていただきたい情報をリーフレットにまとめ配布しています。
  • 救急医療体制の維持・充実のための広報の実施
  • 地域医療講演会の実施
  • ちちぶ定住自立圏構想により設置された「ちちぶ医療協議会」の運営


医師確保対策事業

  • 医学生等奨学金貸付制度の実施 (※休止中)
  • 市立病院との連携による医師の招へい活動の実施



地域医療対策課のコンテンツ一覧