新型コロナウイルス感染症第8波への対応について(受診のしかた)

現在、秩父市でも新型コロナウイルスの感染が再び拡大しており、感染者数は今年の夏の第7波を超えてきています。また、この冬の第8波はインフルエンザとの同時流行も懸念されています。年末年始を迎えるにあたり、同時流行に備えた準備や、発熱した時の医療機関の受診のしかたについて、ご協力をお願いします。また、コロナ感染症以外の病気にもかからないよう、各自ご注意いただくようお願いします。

発熱した時の対応

感染が拡大しているため、医療機関の発熱外来などがひっ迫しています。重症化リスクの高い方や症状が重い方が速やかに受診できる状況が必要なため、ご自身の状況や症状に応じた受診をしていただくよう、ご理解とご協力をお願いします。

重症者リスクが高い方

(1)65歳以上の方

(2)小児、小学生以下の方

(3)基礎疾患があり重症化のリスクがある方

(4)妊婦の方

発熱など体調不良の時は、速やかに医療機関を受診してください。その際は、必ず医療機関に電話で相談してから受診してください。

重症者リスクが低い方(上記以外の方)

体調不良の時、症状が軽い場合は、まずはセルフケア、抗原検査キットなどで自己検査をして様子をみるようにしてください。自己検査で陽性になった場合は、埼玉県HPから陽性者登録を行ってください。症状が重いと感じる場合は、速やかに医療機関に電話して受診してください。

濃厚接触者で無症状の方

まずは抗原検査キットなどで自己検査をしてください。重症化するリスクが高い方が陽性になった場合は、医療機関に電話してから受診してください。重症化するリスクが低い方が陽性になった場合は、埼玉県HPから陽性者登録を行ってください。

 

医療機関を受診するとき

かかりつけ医がいる方

かかりつけの先生に相談をしてから受診してください。

かかりつけ医がいない方

新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの両方の診療ができる医療機関(埼玉県指定診療・検査医療機関)を埼玉県HPで検索し、電話で相談してから受診してください。HPが見られない方は、埼玉県受診・相談センター(☎048-762-8026)または、県民サポートセンター(☎0570-783-770)に電話して、受診できる医療機関を確認してください。

埼玉県指定診療・検査医療機関HP

秩父郡市医師会HP

※事前に検査キットで自己検査を行った方は、結果が表示されている検査キットを持参して受診してください。

 

検査で陽性になった場合の手続き

重症化リスクの低い方

自己検査や医療機関の検査で陽性になった場合は、埼玉県HP、または下記のQRコードから新型コロナウイルスの陽性者登録をお願いします。登録でお困りの時は、陽性者登録窓口コールセンター(☎0570-007-989)にご相談ください。

埼玉県新型コロナ陽性者登録HP陽性者登録窓口QR

重症化リスクの高い方

医療機関の検査で陽性になった場合は、医療機関から埼玉県に届出をしますので、ご自身で陽性者登録をする必要はありません。