市長ブログ(平成26年)

ようこそ!市長室

ミューズパークスポーツの森の経営

 今日はミューズパークについて、お知らせいたします。
 ミューズパークスポーツの森は、平成18年12月31日に西武鉄道株式会社から無償譲渡され、その後、昨年度までは(有)ちちぶ観光機構が経営を行い、今年度からは秩父市が直営で管理を行っています。しかし施設の老朽化に伴う改修の増加、さらに大震災以降の観光客の落ち込みと相まって、その運営にはかなりのお金がかかるようになりました。そこで、私は、昨年の1月に、ミューズパークについての今後の方針を明らかにしました。その方針とは、「市民のみなさんの利用が多いプールについては、秩父市の施設として今後も維持していくこと。それ以外のコテージやテニスコート等は、観光的性質が強く市民以外の方の利用が多いため、その運営に市民のみなさんの税金を使わないよう、市としての関与をできる限り少なくすること。」というものです。その旨を職員に指示し、ミューズパーク経営事業者を募集しましたところ、4社から経営提案の応募がありました。今回は、出来る限り自由提案に近い形式で行う、「サウンディング型提案募集」を用いました。議員からもご意見を伺い、様々な協議を重ねたのち、当市の最高意思決定機関である「総合政策会議」にて、新たな経営事業者として「株式会社フジヤマ・クオリティ」を選定いたしました。この「株式会社フジヤマ・クオリティ」は、山梨県等で交通・観光事業などを展開する「富士急行株式会社」の系列会社であり、富士急グループのレジャー・サービス部門を担っております。富士山や山中湖周辺を始め、山梨県、神奈川県でキャンプ場やコテージ等の経営実績があり、その他、東名高速道路「海老名サービスエリア」、新東名高速道路「駿河湾沼津サービスエリア」でレストランや売店等の事業を受託しております。今後、フジヤマ・クオリティは、さらなるミューズパークの発展に寄与していただけるものと確信しております。
 以上ミューズパークについてお知らせしましたが、今回ミューズパークにおける財政負担軽減を確実に実現させるとともに、当市の様々な分野において、さらなる行政改革を進めてまいりたいと考えております。

2014年1月14日

ブログ用カレンダー

<2019年2月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272812
3456789

ブログ用最新記事