市長ブログ(平成22年)

2010年12月16日 男の大ロマン!高橋久雄先生

来日され市長を表敬訪問された高橋先生
 先日、知り合いの方からフランスで活躍されている高橋久雄先生の活動がテレビで放映されると聞き、ビデオに録画して拝見いたしました。74歳という決して若くない年齢で、オータン市にあるブルゴーニュ公ゆかりの「ユルスリーヌ塔」の内部壁面や天井などに、ブルゴーニュ公の歴史をテーマに制作をされています。テレビでは、高橋先生が3階建ての高さ約30メートルのかなり高いユルスリーヌ塔で、腰痛を患いながらもお一人で頑張っておられる姿が映し出されました。先生は、ご存じの方も多いと思いますが、旧両神村のご出身で、美大を卒業された後、単身フランスに渡って壁画修復を学び、レジオン・ド・ヌール勲章、ヴェルメイユ勲章、シュヴァリニ芸術文化勲などを受章され、オータン市にあるブルゴーニュ公ゆかりの「ユルスリーヌ塔」を入手されました。建物内に自身の壁画を描くことを熱望していましたが、12世紀に建造され、仏政府によって歴史記念建造物に指定されていたことから、勝手に手を入れることができません。それでも44年間に及ぶ修復活動の実績と、フランスでの活動が評価され、2年前に仏政府から制作の許可がおり、このたびの制作となりました。
 まさに、感動の1時間番組でした。「自分の夢に向かってひたすら努力する、休んではならない」そのようなことを教えられました。「秩父出身の人でこんなにすごい人がいるんだ!」と改めて驚嘆いたしました。

2010年12月16日

ブログ用カレンダー

<2019年8月>
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567