市長ブログ(令和2年)

平成30年市長ブログ

2020年2月19日 水道料金統一に向けた方針が決定しました

 本日、秩父広域市町村圏組合理事会を開催し、令和3年4月に予定している、水道料金の統一(改定)の方針を決定しました。決定した内容は、現在の基準料金体系である、秩父市の料金体系に統一をすることとします。

 秩父広域市町村圏組合理事会は、秩父広域市町村圏組合水道事業経営審議会から答申書を受領した後、水道料金の統一(改定)についての審議を重ねてきました。答申には、料金改定率平均17.91%が示されたものの、平成28年度の事業統合後も、秩父市、横瀬町、小鹿野町、皆野町と長瀞町においてそれぞれ別の料金表を採用していたため、答申通りの料金統一を実施した場合、地域により大幅な改定率を生じることが予想されました。

 そこで、住民生活や企業活動に及ぼす影響を最小限に抑えるとともに、同一事業体における料金統一を確実に実施するため、現在の基準料金体系である、秩父市の料金体系に統一を目指すこととしました。

 今後は、パブリックコメントの実施、住民説明会の開催や広域議会との協議を重ね、令和3年4月の料金統一を目指します。

 


 本日行われた秩父広域市町村圏組合理事会で、令和3年4月に予定している水道料金の統一(改定)の方針を決定しました。内容は、現在の基準料金体系である、秩父市の料金体系に統一をすることとします。

 秩父広域市町村圏組合理事会は、秩父広域市町村圏組合水道事業経営審議会から答申書を受領した後、水道料金の統一(改定)についての審議を重ねてきました。答申には、料金改定率平均17.91%が示されたものの、平成28年度の事業統合後も、秩父市、横瀬町、小鹿野町、皆野町と長瀞町において、それぞれ別の料金表を採用していたため、答申とおりの料金統一を実施した場合、地域により大幅な改定率を生じることが予想されました。

 そこで、住民生活や企業活動に及ぼす影響を最小限に抑えるとともに、同一事業体における料金統一を確実に実施するため、現在の基準料金体系である、秩父市の料金体系に統一することとしました。

 今後は、パブリックコメントの実施、住民説明会の開催や広域議会との協議を重ね、料金の統一を目指します。

 本日行われた秩父広域市町村圏組合理事会で、令和3年4月に予定している水道料金の統一(改定)の方針を決定しました。内容は、現在の基準料金体系である、秩父市の料金体系に統一をすることとします。

 秩父広域市町村圏組合理事会は、秩父広域市町村圏組合水道事業経営審議会から答申書を受領した後、水道料金の統一(改定)についての審議を重ねてきました。答申には、料金改定率平均17.91%が示されたものの、平成28年度の事業統合後も、秩父市、横瀬町、小鹿野町、皆野町と長瀞町において、それぞれ別の料金表を採用していたため、答申とおりの料金統一を実施した場合、地域により大幅な改定率を生じることが予想されました。

 そこで、住民生活や企業活動に及ぼす影響を最小限に抑えるとともに、同一事業体における料金統一を確実に実施するため、現在の基準料金体系である、秩父市の料金体系に統一することとしました。

 今後は、パブリックコメントの実施、住民説明会の開催や広域議会との協議を重ね、料金の統一を目指します。

 本日行われた秩父広域市町村圏組合理事会で、令和3年4月に予定している水道料金の統一(改定)の方針を決定しました。内容は、現在の基準料金体系である、秩父市の料金体系に統一をすることとします。

 秩父広域市町村圏組合理事会は、秩父広域市町村圏組合水道事業経営審議会から答申書を受領した後、水道料金の統一(改定)についての審議を重ねてきました。答申には、料金改定率平均17.91%が示されたものの、平成28年度の事業統合後も、秩父市、横瀬町、小鹿野町、皆野町と長瀞町において、それぞれ別の料金表を採用していたため、答申とおりの料金統一を実施した場合、地域により大幅な改定率を生じることが予想されました。

 そこで、住民生活や企業活動に及ぼす影響を最小限に抑えるとともに、同一事業体における料金統一を確実に実施するため、現在の基準料金体系である、秩父市の料金体系に統一することとしました。

 今後は、パブリックコメントの実施、住民説明会の開催や広域議会との協議を重ね、料金の統一を目指します。

2020年2月19日

ブログ用カレンダー

<2020年4月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789

ブログ用月別アーカイブ