市長ブログ(令和元年)

平成30年市長ブログ

2019年12月20日 水道料金体系統一への答申

答申書宇野会長髙波八重子氏

 今日は、統合以来、初めての水道料金統一に向けた「秩父広域市町村圏組合水道事業経営審議会」を代表して、宇野会長から答申がありました。今後、1市4町の首長からなる秩父広域市町村圏組合理事会で十分に協議し、今後の方針を決定してまいります。

 答申内容ですが、

(1)料金統一を実施されたい

(2)「総括原価方式」採用されたい。令和3年度から令和7年度までの5年間とされたい。

(3)料金改定率は、17.91%の引き上げとすることが必要である。

(4)改定時期は令和3年4月1日からが望ましいが、住民に理解を得ることが必要である。

(5)料金収入に占める基本料金の割合は、30%以上に増加させることが望ましい。また負担の公平性を考慮すると、従量料金における逓増度は3倍未満に緩和し、基本水量制は廃止することが望ましい。

 今後、この答申を真摯に受け止め、経営の効率化をより一層推進するとともに、水道施設の広域化、施設の更新などについても継続的に進め、将来にわたり、安心・安全でおいしい水をお届けし、住民の皆さんから信頼される水道を築いてまいります。

 また髙波八重子様から、秩父市立秩父第二中学校へグランドピアノをご寄贈いただきました。大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

2019年12月20日

ブログ用カレンダー

<2020年4月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789

ブログ用最新記事