「秩父ジオグラビティパーク」をご利用ください!

秩父鉄道三峰口駅周辺における荒川渓谷を使った複合アクティビティ施設「秩父ジオグラビティパーク」が、2019年3月18日にオープンしました。

この事業は、埼玉県、秩父市、地元町会、関係団体・企業などで組織される「秩父市三峰口駅周辺荒川利用調整協議会」を中心に展開している事業で、埼玉県の「水辺空間とことん活用プロジェクト」を活用して実施されています。

施設については同協議会による公募によって選定され、2018年10月1日付けで秩父市と施設使用契約を締結した「Geo Gravity Park Chichibu株式会社」にて運営されています。

この施設では、国際的な安全基準・規格等に準拠し、施設内では利用者がアクティビティ専用のハーネス(安全帯)を着用した上、必ずワイヤー等に接続された安全な状態で楽しめるものです。現在は下記の施設の整備が終了し、一般利用が可能になっています。今後、複数年をかけて新たに施設が追加されていく予定です

施設概要

 

施設使用者

 Geo Gravity Park Chichibu株式会社

所在地

 埼玉県秩父市荒川贄川730番4

事業区域(都市・地域再生等再生等利用区域)

 約26,000平方メートル

施設概要

キャニオンウォーク

キャニオンウォーク(吊り橋)キャニオンウォークは旧白川橋の橋脚を使用して架けられた吊り橋(高さ約50m、長さ約100m)を、ハーネス(安全帯)をつけて渡るアクティビティ。渓谷を使っての同様の施設は日本初。

(一般利用開始日:2019年3月18日)






キャニオンフライ

キャニオンフライ(ジップライン)キャニオンフライは、キャニオンウォークと並行して架設されたワイヤーに吊り下がって滑空するアクティビティ。(ジップライン)

(一般利用開始日:2019年3月18日)






キャニオンスイング

キャニオンスイングプラットホームに設置したデッキから荒川渓谷にダイブし、急降下したのちに川面すれすれをブランコのようにスイングするスリル満点のアクティビティ。ソロ(1人乗り)、タンデム(2人同時)で利用することができる。海外ではバンジージャンプと同様に人気があり、渓谷を使ったスイングは日本初となる。

(一般利用開始日:2019年6月19日)





※現在のところ各施設の利用には必ずメールによる事前予約が必要になっています。詳しくは下記の施設使用者ホームページをご確認ください。

リンク