熱中症等に気をつけましょう!

熱中症を防ぐために!

 

 熱中症は、従来は高温環境下での労働や運動活動で発生していましたが、現在では、日常生活においても発生が増加しています。
 屋外や室内においても高温や日光にさらされていると熱中症になる可能性があります。熱中症は死にいたる恐れのある病気ですが、予防法を知っていれば防ぐことができます。
 今年も、多くの方が熱中症にかかる恐れがありますので熱中症対策をお願いします。

熱中症予防のポイント

暑さを避けましょう!

  • 屋内では温度計を置き、部屋の温度をこまめにチェック!
  • 室温28度を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使う。
  • すだれ・カーテンなどで直射日光を防ぎ、風通しを良くする 無理をせず、適度な休憩をする。
  • 屋外では帽子の着用、日陰を利用する、日傘を差すなど、服装の工夫(涼しい服装や日よけ対策)など
  • 日ごろから栄養バランスの良い食事と体力づくりを!


こまめに水分・塩分補給をしましょう!

 のどが渇く前に水分をこまめにとりましょう。

暑くなり初め、急に暑くなる日、熱帯夜の翌日は熱中症の危険が増します! 

 暑さになれるまでの間に熱中症を起こさないように気をつけましょう!

「熱中症予防のために」(厚生労働省)リーフレット(770KB)
「熱中症予防5つのポイント」(埼玉県)リーフレットA (2631KB)
「熱中症予防5つのポイント」(埼玉県)リーフレットB (2503KB)

このような人は要注意

  • 朝ごはん抜きの人、前の晩に深酒した人
  • 夜更かしした人
  • 風邪などの発熱・下痢で脱水状況にある人
  • 皮下脂肪の厚い人、もともと涼しい環境で育った人
  • 心肺機能が弱い人、高齢者など
 少しでもおかしいと思ったら、我慢せずに医療機関へ行きましょう!
 熱中症が進むと、水分や塩分が不足していることが自分でわからなくなります。ひどいときには意識を失い、命が危険な状況になることもあります。

 まずは涼しい場所に移動し、衣服をゆるめ、頭などに水をかけたり、濡れタオルをあてて扇ぐ。
 太い血管のある脇の下、首、足の付け根・股の間などを冷やす。


このような症状があったら

 このような症状があったら水分補給しましょう!

  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 汗がふいてもふいても出てくる
  • 体がだるい
  • 体が震える(けいれん)
  • こむらがえり


このような症状があったら水分補給して、すぐに病院へ

  • 頭がガンガンする(頭痛)
  • 吐き気がする


 このような症状があったら水や氷で冷やし、すぐに病院へ

  • 呼びかけても変な返事
  • 立てない、足がふらふらする
※熱中症については「熱中症保健指導マニュアル」(環境省)を参考に作成したものです。

リンク



関連情報