市長ブログ(平成24年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
2012年4月」で絞込み

ポスター 本日は、昨日の昭和の日の振替休日でした。市内のカフェやギャラリーなどでは、4月29日(土)から5月6日(日)まで、“秩父アート&クラフト2012「つなぐ展」”が開催されています。(詳しくはコチラをご覧ください。)昨日は、会場のひとつである、上宮地町の武蔵屋本店2Fギャラリーで行われている「藤の会」に伺いました。絵画や陶芸など素晴らしい作品が展示されていました。その他に、宮側町の「ぎゃらりーかみいし」、番場町の「Shu-Ha-Li」と「泰山堂Cafe」、本町の「知々夫ブランド館」、上町の「WAPLUS COFFEE」などでも特別企画を開催しています。ちちぶ銘仙館では、「春の銘仙館まつり、蔵出し市」、さらに、秩父神社では「ははそのもり美術展」や「サクラソウ展示会」、上町ギャラリーでは「秩父愛鳥会写真展」が開催され、写真のレベルの高さには驚かされます。このように、ゴールデンウィーク期間中、秩父市全体でさまざまな芸術、文化のイベントが行われており、まさに「おもてなしの心」を持って、多く の方々をお迎えしております。芝桜の丘から、足をのばしてまちなか回遊をしてみてはいかがでしょうか。






 

2012年4月30日

2012年4月29日 県下武道大会

県弓道大会 こども歌舞伎
 今日も晴れ上がり、気温も上昇し汗ばむ一日となりました。文化体育センターでは、秩父神社奉納県下武道大会の剣道大会が、中学生、高校生、一般の方々約700人が参加して盛大に開催されました。昨年は、東日本大震災により休会されましたが、今年で54回を迎えました。ご存知のとおり、秩父市は剣聖である高野佐三郎先生の出生の地であり、そのご功績を称え、秩父神社の入り口には石碑が建立されています。
 その後、会場を移動 して秩父市営第一弓道場において、同じ大会である弓道大会を拝見しました。一般、高校生、中学生からなる約390人127チームが参加しました。ところで、この弓道場は、平成21年9月より工事に着工し、翌年5月に竣工したものです。以前の弓道場は、昭和41年に建設され、多くの選手を輩出いたしましたが、老朽化が進み、地域の方々から早期に改修して欲しいとの要望をいただき、現在の弓道場の建設に至りました。私が市長に就任して、最初の大仕事であったので、愛着もひとしおです。これからも、多くの弓道愛好者にご利用いただきたいと思っております。武道には歴史と伝統があります。これからも剣道や柔道、弓道、相撲など、日本古来の武道の育成にも力を入れて行きたいと、改めて肝に命じた次第です。
 昼には、上影森にある椿森諏訪神社の稲荷大明神春大祭に伺いました。津軽三味線や子どもたちのCダンス、花の木小学校歌舞伎クラブ、秩父歌舞伎正和会による秩父歌舞伎芝居の上演などがあり、たいへん賑わっていました。

2012年4月29日

2012年4月28日 芝桜まつりも本格的

芝桜

 ゴールデンウィーク初日、今日は快晴で、初夏を思わせる日でした。山々も新緑、一面萌黄色で、たいへん清々しく感じました。午前中は、歩いて芝桜の丘に登りました。寒い日が続いたため花が咲きそろうのが遅れていましたが、ようやく見頃を迎えました。土曜日とあって、たくさんの方々にお越しいただき、芝桜の丘はたいへん賑わっておりました。開園を5月13日(日)まで延長することとしましたので、ぜひ、ゴールデンウイーク後も芝桜をお楽しみ下さい\(^o^)/ 
 午後には、秩父市出身の声楽家、薗田真木子さんのリサイタル「エピソード2012絆」が開催され、透き通る素晴らしい歌声を聴いて来ました。やはり、薗田さんはうまい!











2012年4月28日

三峰ビジターセンター 桜 清掃作業

 三峰山頂にある「三峰ビジターセンター」は、秩父多摩甲斐国立公園の野生生物や自然のしくみを紹介する施設として、昭和43年に埼玉県が開設したものです。このたび、秩父産地材を使った室内の木質化など20年ぶりに大規模改修が行われました。館内は、たいへん貴重な秩父で産出した鉱物の展示や新たに野生動物の剥製や安全な登山を学ぶ展示が追加されています。また、今回のリニューアルを記念して、郷土の著名な山岳写真家である清水武甲氏の作品が特別展示されています。入館料は無料で、月曜日が休館とのことです。
 当日は、キヤノン電子株式会社の新入社員72名の皆さんと秩父の写真クラブの皆さんにより、三峰公園周辺の草刈り・枯枝の集積・園路清掃等を行っていただき、大変きれいになりました。ありがとうございました。
 ゴールデンウィークには、羊山公園の芝桜の後に足を延ばし、最近パワースポットとして人気のある三峯神社を訪れ、満開の桜を楽しまれたらいかがでしょうか。お待ちしております♪( ´θ`)ノ

2012年4月27日

2012年4月26日 インフラについて

 秩父地域の発展には、道路網を充実させることが必要不可欠と誰もが認めるところだと思います。特に、秩父地域は面積が広 く、山間部だからこそ、道路網の充実が買い物や通学、通勤などの生活の利便性の向上や観光客の増加につながり、さらには、企業の製品や原材料の輸送にも効果を発揮します。影森地区のウッディーコイケ・プレカット工場から和泉町までの市道影森140号線、荒川地区の三峰口駅から白久駅前の市道につきましては、工事や測量を今年度から実施いたします。また、吉田地区から小鹿野町までの間の一本杉トンネルにつきましては、建設に向けた調査をこれから開始する予定となっています。
 しかし、道路建設には多額の費用がかかり、特に、東日本大震災後は、被災地への復興財源を確保するため、被災地以外への国の支援はたいへん厳しくなっているのが現状です。しかし、私はあきらめず、国や県へ積極的に働きかけております。特に力を入れている道路やトンネルとしては、まず、大滝地域の国道140号の(仮称)大滝トンネルと歩道の整備、そして、秩父・吉田間を結ぶ(仮称)蒔田トンネル、 定峰地区と東秩父を結ぶ(仮称)定峰トンネル、蒔田地区で現在建設が進んでいる一般国道皆野秩父バイパス等です。特に、この一般国道皆野秩父バイパス建設費は、国において平成24年度当初予算で可決されましたので、今年度からは、地権者のご理解をいただきながら、進展していくのではないかと期待しております。道路建設は多額の費用がかかりますが、秩父市の発展のため、これからも諦めず、早期実現に向けて頑張ってまいります。

2012年4月26日

ブログ用カレンダー

2012年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
6789101112

ブログ用最新記事


平成23年12月以前のブログ


 2011年1月~2011年12月
 2009年6月~2010年12月