市長ブログ(平成24年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
2012年3月」で絞込み

 本日、今年に開催するチャレンジデーの実行委員会が開催されました。一昨年前に福岡県大川市と対戦しましたが、参加率41.1%に止まり惜しくも敗れてしまいました。昨年の相手は鹿児島県奄美市でしたが、56.2%と参加率は上がったものの、東日本大震災で被害に遭われた方々を考慮して対戦形式という形をとりませんでした。今回は、四国八十八ヶ所霊場の4か寺が点在している徳島県阿波市です。ぜひ、今度こそは勝利しましょう!
 夕方には、吉田やまなみ会館において、市役所本庁舎及び市民会館建設基本構想(案)の市民説明会を多くの出席者のもとで開催いたしました。この両施設は老朽化していたうえに今回の大震災で被害を受けました。耐震補強するにも、建て替える場合とあまり変わらないほどのお金がかかります。さらに、将来の秩父市の人口規模に合わせた新庁舎と市民会館を一緒に建設するよう市民会議や各団体からも要請を受けております。会場では、基本構想(案)をご説明するとともに、現在のような市の組織が分散した状況のままでよいのか、文化活動に支障をきたしている現状のままでよいのか、市民に問いかけをいたました。会場の方々からは帰りがけに、「よく分かった、安心した、ぜひ早く建設してほしい」などと、私にお声掛けをいただきました。次回は4月1日(日)午後2時から、歴史文化伝承館ホールで開催いたします。ぜひ、多くの方々にお越しいただきたいと思います。

2012年3月26日

集落活性化講演会
 午前8時半から荒川総合グランドで、第22回市民親善ペタンク大会が開催されました。今回は、過去最高の99チームにご参加いただき、大変盛り上がりました。スポーツができる喜びに感謝して「スポーツの力で日本を元気に!」を合言葉に、悲惨な震災を忘れることなく、生涯スポーツの推進に取り組んでいきたいと激励いたしました。その後、文化体育センターで開催された第25回市民親善バレーボール大会、本町稲荷大祭、諏訪神社大祭、久長の吉田カタクリ祭り、吉田7区の会合に出席し、さらには、阿熊集落センターで行われた集落活性化講演会・ふるさと支援隊活動報告会に出席いたしました。この中で、中川聡史神戸大学経済学研究科准教授より、先進地である兵庫県の「小規模集落元気作戦」の具体的な活動についてのご講演がありました。埼玉大学教養学部山本教授には、ふるさと支援活動にご協力をいただいており感謝しております。この「ふるさと支援隊」は、集落の活性化を図るため平成22年度に発足し、市内では吉田地区で2か所、大滝地区で1か所の合計3か所で活動しております。さらに「集落支援員」が、吉田地区の2か所で活動をしております。市内の中山間地域の一部の集落では、高齢化や過疎化等の進行により、農林業や地域活動の維持が困難な状況となっております。今回の講演会を通じて、多くの関係団体と地区が協力しながら、地区の活性化が進んでいくことを願っております。

2012年3月25日

2012年3月24日 市立保育所修了式

 本日、吉田保育所を除く市立保育所の修了式がありました。永田保育所25名、高篠保育所5名、日野田保育所 20名、原谷保育所11名、花の木保育所 23名、影森保育所15名の合計99名の児童が出席して、各保育所で修了式を行いました。私は永田保育所に伺ってお祝いを申し上げました。修了される児童の皆さん、おめでとうございます。今まで市民会館で6つの保育所が合同で修了式を行っていましたが、市民会館が使えないために昨年に引き続きこのような形となりました。早く、市民会館を建設しなければと改めて思いました。4月から新一年生の皆さん、たくさん勉強していっぱい運動して大きくなってくださいね(^O^)/
 また本日は、原谷地区の宮崎消防団詰所の竣工式が開催されました。建替え前の詰所は、昭和48年に築造され、長い間使用されてきました。地元荒船功議員や持田町会長さんなど、多くの関係者から老朽化による建替えの要望をいただいておりました。原谷地区の安心・安全を第一に考え、なんとか財源を確保し平成23年度事業として完成いたしました。原谷地区では、町会の皆様と消防団員の方々が一丸となって防災対策に取り組んでおられますこと、市政を預かるものとして大変心強く感じております。消防団員の皆様、ぜひ、今後とも消防団活動にご尽力いただきますようよろしくお願いいたします。

2012年3月24日

2012年3月23日 かけがえのない命

定例記者会見
 日本では、毎年3万人を超える方が自殺で亡くなっており、大きな社会問題になっています。このような中、平成18年に自殺対策基本法が制定され、県内の各自治体でも自殺予防対策に取り組まれているところです。今回、県内初の試みとして、秩父地域の1市4町の医療、保健、福祉、教育および経済関係団体など、さまざまな関係機関が協力し、広域的に自殺対策に取り組むこととになりました。本日は、秩父地域自殺予防対策連絡会を終了した後に、埼玉県精神保健福祉センター精神保健福祉部長である菊池礼子氏より講演をいただきました。自殺は、個人の問題でなく社会の問題であり、啓発活動を強化することにより予防できると考えます。自殺による死亡率が県下で高いといわれている秩父地域において、こうした取り組みが自殺予防につながればと期待しております。
  なお本日は、午前中に定例記者会見がありました。

2012年3月23日

2012年3月22日 今年の芝桜まつり

昨年の様子
 昨日は、秩父市議会3月定例会終了後にちちぶ定住自立圏推進委員会を開催し、ちちぶ定住自立圏ロゴマークとキャッチフレーズの選考を行いました。日本全国からロゴマークは146点、キャッチフレーズは773点の応募があり、推進委員会で無記名投票を行った結果、それぞれ各1点を決定いたしました。応募いただきました方々には心から感謝申し上げます。
 ところで、今年の芝桜はどうでしょうか。朝夕の寒さで開花が心配されていますが、今年も素晴らしい花を期待したいと思います。昨年の芝桜まつりでは、東日本大震災後で疲れた心を癒していただくように入園料を無料といたしましたが、今年は入園料をいただくことになりました。芝桜まつりの期間は4月6日から5月6日となります。また、綺麗な芝桜を気持ちよくご覧いただけるように、羊山公園のクリーン大作戦と称して、4月6日に羊山公園全域で清掃活動を予定しております。さらには、3月31日から4月6日まで東京駅前の丸ビルにおいて、ビルの入り口に秩父の芝桜を植栽するとともに、3月31日、4月1日には、秩父の小中学生が秩父銘仙を着た「銘仙ガール」にも協力していただき、秩父の特産品販売を行います。ぜひご来場ください。
 昨日の選定会議が終わり、吉田総合支所の窓からふと外を見渡したところ、駐車場にある梅の古木の花が七分咲きでした。春本番までもう少しです。寒い寒いといっても確実に春はそこまで来ていますね。

2012年3月22日

ブログ用カレンダー

2012年3月
26272829123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567

ブログ用最新記事


平成23年12月以前のブログ


 2011年1月~2011年12月
 2009年6月~2010年12月