市長ブログ(平成24年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
2012年1月」で絞込み

2012年1月31日 市長と語る会

市長と語る会の様子
 大滝総合支所において、大滝町会の町会長さんと区長さん、各種団体の皆さんがお集まりいただき、市長と語る会が開催されました。会議は1時間半ほどでしたが、時間が短く感じられるくらい多くのご意見をいただきました。ご意見にあった、国道140号の大滝トンネルや総合支所の対岸にかかる大中橋の架け替え工事は、大滝地区の方々の悲願との思いを新たにしたところであります。さらに、大滝地区に安心して住み続けるには、医療や福祉の環境を整備する必要があり、そのためにも大滝国保診療所を充実していかなければならないと思った次第です。また、雁坂トンネルが開通し、以前にも増して交通量が増えました。大輪地区など、国道140号に歩道がないところにお住まいの方々は、すぐ脇を大型トラックが通り抜け怖い思いをしております。国・県に働きかけ、早期に必要な歩道の整備を行わなければなりません。森林に恵まれた大滝地区には、かつて8千人の方々が住んでおられましたが、現在は1千人ほどに減少してしまいました。これは基幹産業であった林業の衰退がその原因です。広域森林組合の支援を積極的に行って、大滝産材が市場に流通できるよう努力していきたいと思います。今後も、さらに大滝地区の振興を進めていきたい、との思いを新たにいたしました。

2012年1月31日

ふくろ祭り
 今夜は池袋に伺い、豊島区で行われておりますふくろ祭りと東京よさこい祭の賀詞交換会に出席いたしました。平成23年1月31日のブログでも書きましたが、この賀詞交換会は昨年も大勢の方々が参加され、たいへん賑やかに開催されました。ご存知のとおり、豊島区と秩父市は、西武鉄道の始点・終点という縁で昭和58年に姉妹都市提携をし、以来数多くのスポーツや文化交流を行ってまいりました。さらに、西武秩父線開通40周年を迎えた平成21年11月14日には、交流、連携を一層深めていこうということで、高野区長さん、仲介をいただいた当時の西武鉄道社長の後藤氏が参加して友好協定を締結いたしました。この名称は、豊島区池袋のシンボル的存在である「梟(ふくろう)」と、秩父神社の「北辰の梟」にちなみ、「ふくろう協定」といたしました。ふくろうは、「福を呼ぶ」など縁起のよい鳥としても親しまれています。この協定締結をきっかけとして、豊島区、秩父市の交流、連携が一層促進され、両区市と、それぞれを結ぶ西武鉄道にとって、文字どおり福を呼ぶ友好関係が現在も続いているところです。
 今後は、西武池袋線・西武秩父線を介しまして、沿線自治体がともに連携しながら地域振興を図り、市民レベルでも一層親しく交流が続くことを願っております。

2012年1月30日

2012年1月29日 別所天豪まつり

やぐら 別所天豪まつり
 別所地区荒川河川敷で、新春恒例の「別所天豪まつり」が開催されました。私も10年以上にわたり、毎年参加しております。この行事は、子どもたちがいたずらや冒険、乱暴な遊びをすると、大人から「そんな天豪をするな」と言われたことから始まったとされ、この地域の方言だと言われております。昭和30年代から中断されていましたが、1989年に伝統行事の継承と地域の交流を目的に、地元の方々が中心となって復活されました。竹やヒノキ、麦わらでやぐらを作り、その中に正月飾りを入れて一緒に燃やす火祭り行事として回を重ね、今年で24回を迎えました。今日も、まつり実行委員会のメンバーが朝から高さ約4メートルの円すい形のやぐらを作り、その中心に12メートルの竹を立て、先端にしめ縄でかたどった鶴を飾りました。地元の子どもたちがやぐら周辺を数回まわった後に点火し、燃え尽きる炎を見ながら、地域の方々の無病息災を願いました。この行事が終わると、秩父地域も初春を迎えます。
 このほか、秩父郡市菊花連盟新年会、秩父郡市歯科医師会新年会に出席いたしました。

2012年1月29日

ハンモック体験ブース 秩父舞祭り
 昨日は、秩父青年会議所(JC)の新年会に出席いたしました。昨年、秩父青年会議所では、原島孝幸理事長のもと、「原点回帰」を旗頭に掲げ様々な活動が行われました。東日本大震災被災地への支援として、日本青年会議所と連携し、支援物資の収集・仕分け・発送作業、福島県郡山市での炊き出し、宮城県石巻市へ夏服の提供などを行われました。10回開催された人間力向上塾では、7月4日、プロ野球前楽天監督の野村克也氏をお迎えして「考え方が変われば人生が変わる”今、私達が前に進む為に”」と題した講演会を開催されました。8月24日には、ウニクスちちぶで、秩父地域4つの高校の皆さんがボランティアで、3000個のキャンドルを点灯した「キャンドルナイトinちちぶ」を行われました。10月22日には、全国から注目されている第10回秩父舞祭りC-DANCE!を、秩父駅前ステージと妙見の森公園ステージにて開催し、秩父地域内外の多くのチームが参加されました。10月15日、16日には、秩父ミューズパークにて、子どもたちに環境意識を高めともらうため、「環境キッズ祭り」と題し、ウッドチップでの消臭剤作り、ハンモック体験ブース、マイ箸作りなどを行われました。
 平成24年は、いよいよ設立50周年を迎え、記念式典や、第10回少年少女国際使節団のカナダへの派遣事業など、様々な事業が予定されています。
 また、注目に値するのは、秩父青年会議所顧問である今泉学之氏が、国際青年会議所(JCI)の副会頭として就任し、各国を歴訪して秩父を世界にPRしていただいていることです。市といたしましても、今後も、秩父青年会議所を応援していきたいと考えております。

2012年1月28日

優秀建設工事施工者 優秀建設工事現場代理人等
 秩父市では、学校の耐震化工事や土木工事など様々な工事を行っております。今後の技術力の向上に結びついていければとの願いで、平成21年度から、優秀建設工事施工者ならびに現場代理人等表彰を行っております。
 平成23年度の表彰基準として、平成22年度に完成した建設工事180件のうち、工事成績評定点数が80点以上の優秀な成績で完成した工事について総合評定点を算定し、80点以上の施工者ならびに現場代理人等の皆様を「優秀賞」、75点以上の皆様を「奨励賞」として表彰しました。
 本日表彰された方々は、工事施工において優れた施工体制、施工管理、施工技術を有している施工者ならびに、問題意識を持ち、工事全般にわたって創意工夫を図り、向上心と責任感、そして情熱を持って施工されている現場代理人の方々です。本日は、その功績が特に優秀であり、他の模範であると認められた皆様を表彰いたしました。
 公共工事を取り巻く状況は大変厳しいものとなっておりますが、引き続き、優秀な成績を収められ、他の模範として、積極的に適正な施工、安全管理に勤め、より一層の品質確保の向上に取り組んでいただきたいとお願いいたしました。
 その他、本町町会長面会、東京電力熊谷支社長との面会、社会福祉協議会新年懇親会、ご案内いただきました道生町会役員新年会、秩父青年会議所新年会に出席いたしました。

2012年1月27日

ブログ用カレンダー

2012年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
567891011

ブログ用最新記事


平成23年12月以前のブログ


 2011年1月~2011年12月
 2009年6月~2010年12月