市長ブログ(平成24年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
2012年12月14日」で絞込み

埼玉医大丸木理事長と 妙見の森公園にて
 丸木理事長様からは、「新臨床医研修制度のため、医師数は1学年の定員が2,000人増えているにもかかわらず、医科大学の医局に医者が少なくなり、さらに、都市に医者が集まり地方に少なくなるという地域で偏在する一方、産科や小児科など負担の多い科は敬遠されがちで、科目の偏在が生じている。このような最近の情勢で、地方の病院に医者を派遣することは難しくなってきている。とりわけ産科を巡る状況は大変厳しい。」とお話しいただきました。私も医療の専門家として全く同感でした。今後、埼玉医大から岩田産婦人科医院への産科医の派遣回数の増加と市立病院内での産科開設へ向けてのご協力を伏してお願いいたしました。
 その後、上京してキヤノン電子株式会社酒巻社長に面会し、秩父市への様々なご協力に感謝を申し上げました。
 夜には、まちなかイルミネーション点灯式に出席しました。冬季の観光誘客策として、平成19年度から3年間実施していたミューズパークでのイルミネーションには、1シーズンに約3万人の入場者があり、冬のイベントとして定着し、一定の効果を上げてきました。平成22年度からは中心市街地に場所を移し、まちなかを元気にするという趣旨から、商店街を中心に行い、約4万人の集客がありました。今回もイルミネーションには、約10万球のLEDを使用し、そのうち一部には太陽光発電を利用するなど環境への配慮も行っております。イルミネーションの開催にあたっては、(財)秩父地域地場産業振興センター、秩父商工会議所、秩父市商店連盟連合会、また各商店街の多くの皆さんのご協力により、開催にこぎつけることができました。また、このイルミネーションの中でも見どころの1つである豪華な作品は、昭和電工株式会社様、共和電機株式会社様、株式会社電成社様、株式会社野口鉄工様に多大なるご協力をいただきました。秩父市内にはLED関連の企業が数社あるので、今後はLEDのまちとしてPRしていくのも良い方法だと考えます。このイルミネーションは1月20日(日)まで開催していますので、冬の街を賑やかにするためにも、何度も足を運んで商店街で買い物をしていただくようお願いします。

2012年12月14日

ブログ用カレンダー

2012年12月
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

ブログ用最新記事


平成23年12月以前のブログ


 2011年1月~2011年12月
 2009年6月~2010年12月