市長ブログ(平成24年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
2012年9月27日」で絞込み

2012年9月27日 市長と語る会 in 久那

市長と語る会の様子
 昨日は、久那公民館にて、久那地区の方々を対象に市長と語る会を開催いたしました。市の現状と今後の説明と事前質問の回答をし、その後、県道72号線について地元からスライド資料にもとづいてお話しを伺いました。 
 さて、秩父市の人口は、平成23年度68,701人、平成27年度に65,532人で、平成23年度との比較で3,169人の減少となり、平成32年度は61,227人で、平成23年度との比較で7,474人の減少となると推測されています。そこで、税収減による厳しい財政状況になるのですが、さらに、地方交付税(普通交付税)の合併算定替が終了となり、平成24年度の交付額6,778,607千円を基に試算すると、平成28年度から段階的に減額され、合併算定替が完全に終了する平成33年度以降、約18億円の減額になります。そこで、今後の形式収支の予測(歳入合計-歳出合計)は、現在の状況で推移すると、平成30年度以降赤字になり、普通交付税の合併算定替が完全に終了する平成33年度には、約13億円の赤字が見込まれます。この赤字を出さないための対策が重要となりますが、公債費の償還を計画的に行うための減債基金への積み立てを実施中であり、平成24年度末で、約10億円の積み立てが出来る見込みです。一方、歳入確保のために、収納率の向上による市税の確保、利用予定のない土地の貸付や売却、広告収入の拡大などを積極的に行います。歳出削減対策では、職員数・職員の時間外手当の削減、コピー枚数、事務用品等、事務的経費の削減、施設管理等の外部委託の検討、ファシリティマネジメントによる施設の統廃合の検討、普通交付税算入率の高い地方債の活用のほか、企業誘致を積極的に進め、税収の確保を図ってまいります。なお、会場からは、高野町会長から主要地方道秩父荒川線(県道72号線)は、子供たちの通学路として大変危ない状況であると現場のスライドを交えての説明がありました。久那町会の皆様には、少しでも子ども達が安全に登下校できるようにと歩道の草刈りなどをしていただいているとのことでした。また久那小学校長が、毎日子どもたちを危険箇所から誘導をしておりますが、交通量の増加もあり、歩道整備や横断歩道の設置などの早急な対策を実施してほしいとのご要望を受けました。市としても、県土整備事務所へ再度強力に要望し、また、市でできることがあれば早急に対応したいと考えております。なお、久那3町会の皆様には、日々の地元活動へのご貢献に心から感謝しています。

2012年9月27日

ブログ用カレンダー

2012年9月
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

ブログ用最新記事


平成23年12月以前のブログ


 2011年1月~2011年12月
 2009年6月~2010年12月