市長ブログ(平成24年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
2012年8月20日」で絞込み

ノルダノカルチャーセンター野外博物館織機 ノルダノカルチャーセンター野外博物館前にて
 今日も一日中雲一つない快晴の天気で、気温は、13℃前後で過ごしやすい日でした。8時45分に宿泊していたホテルを出発し、夕方までシェレフティオ市の施設を視察いたしました。まず、市内に本社のある、現金輸送や銀行ATMの現金保管箱を製造しているSQS社セキュリティシステム製造会社へ訪問いたしました。この会社が製造している保管箱は、万一の場合、いかに現金を取られないようにするかというよりも、保管しているお札にインクを吹きかけなどして、取られてもお札を使えなくするという逆転の発想から生まれた保管箱です。盗む側としても、使えないのであれば、この会社の現金保管箱を盗んでもしょうがないということで、盗難の抑止を狙っている、とのことでした。次に、ノルダノカルチャーセンター野外博物館を訪れました。記録によると、1764年には、旅籠屋や農家、中隊長の家など13戸が寄せ集まって村機能を形成しましたが、今日まで住居が残り、機織小屋として使っているそうです。同行した織物関係者は大変興味深く見学されていました。昼食後、車で30分ほどノルウエー国境に向かい、レーンゴード村の毛織物で作品作りをしているお宅へ伺いました。たいへん立派な商品でした。さらに車で20分ほど北方に進むとスワンセレ地区のワイルドネスキャンプ場があり、ここでは30km圏内で捕獲された動物の剥製約600頭が展示されていました。展示も、単に並べられているのではなく、弱肉強食という自然の掟がリアルに再現され、とても迫力のある、見る者の記憶に深く刻まれるものでした。
 ホテルに戻り19時25分シェレフテオ空港発SK1021便に乗り込み、ストックホルム経由で、日付の変わった現地時間0時50分にヘルシンキのヴァンター空港に到着、1時30分にようやくホテルにチェックインすることができました。

2012年8月20日

ブログ用カレンダー

2012年8月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

ブログ用最新記事


平成23年12月以前のブログ


 2011年1月~2011年12月
 2009年6月~2010年12月