市長ブログ(平成24年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
2012年8月12日」で絞込み

ちちぶ定住自立圏ロゴ 先日、ちちぶ定住自立圏推進委員会があり、現況報告を受けました。平成21年9月25日に、ちちぶ定住自立圏の形成を確認する調印式を行い、その後、協定項目を精査し議会承認を受け、それぞれの分野に共生ビジョンを策定し、定期的に更新を行いながら現在に至っております。本年3月にはロゴマークやキャッチフレーズを決定。定住自立圏事業を明確化させるため、事業実施にあたってはロゴマークを表示することとしました。現在定住自立圏事業は、医療や保健福祉、教育、産業振興、環境、地域公共交通、情報、交流移住、水道、人材育成など10分野、69事業に及びます。その主な事業を紹介いたしますと、まず医療分野では、ちちぶ医療協議会を設立して、若手医師の招聘、リハビリや救急医療への全国に先駆けた取り組みを行っています。
 観光分野では、外国人誘客をめざして外国語看板を設置したり、民間会社から2名の職員を2年間行政マンとして派遣を受け、民間のノウハウを取り入れながら誘客活動を展開しています。さらに昨年日本ジオパークの認定を受けた「ジオパーク秩父」では、観光秩父の魅力を全国に発信しています。
 環境分野では「ちちぶ環境基本計画(案)」を策定し、秩父地域全体で同じ基本計画で今後環境事業を推進していく予定であり、森林政策については、本年5月に秩父地域森林林業活性化協議会を設立し、民間を巻き込んで林業施策を推進していきます。
 交流移住事業では、空き家バンクの利用者が増加し、一定の成果が生まれております。
 最後に水道事業の広域化については、埼玉県広域的水道整備計画に沿って、広域化できる事業から進めていく予定です。
 それぞれの事業実施にあたっては専門家による指導を受けており、さらに財源としては国の特別交付税が充てられています。定住自立圏事業は、市町村合併や共同の一部事務組合の運営手法とは異なり、地域全体で共同事業を行うという画期的な取り組みであり、この手法を用いて、ちちぶ定住自立圏は日本一しあわせなまちをめざしていきたいと考えております。ぜひ、応援をお願いします。

2012年8月12日

ブログ用カレンダー

2012年8月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

ブログ用最新記事


平成23年12月以前のブログ


 2011年1月~2011年12月
 2009年6月~2010年12月