市長ブログ(平成24年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
2012年5月3日」で絞込み

ご神木を抜けて  入館者10万人
 今日は、朝から大雨でした。川も増水して濁流となって流れ下っていました。午前中には、城峯山の山開きと城峯峰神社の春季例大祭に参列いたしました。立派なご神木がたち並び、その間を抜けて城峯神社で拝礼すると、身も心も洗われる感じがいたしました。午後からは天気も回復し、ちちぶ銘仙館では入場者10万人達成の記念イベントが開催されました。銘仙館は、秩父銘仙の保存・継承、資料展示等を目的として、平成14年1月に開館をし、同年7月1日から入館料を有料化して以来、本日で10万人のお客様をお迎えすることができました。 このちちぶ銘仙館は、当時の秩父織物同業者組合が昭和5年に建設、埼玉県繊維工業試験場を誘致したものですが、織物産業が衰退する中、平成11年には、土地・建物を埼玉県から秩父市に譲渡されることになり、秩父市が「ちちぶ銘仙館」としてオープンしました。 秩父銘仙は、かつては秩父地域経済を支えた基幹産業でしたが、和装から洋装へと変化をする中で、現在では、特に若者には、すっかりとなじみ薄いものとなってしまいました 。一方で、かつての織物産地として、秩父らしい風景や、 養蚕・機織りの思い出を懐かしみ、この「ちちぶ銘仙館」に足を運んでいただいた方々もたくさんいらっしゃいました。ですから、私は、秩父の発展を担ってきた秩父銘仙の再興を図りたいと願っており、秩父の織物業者と協力をして、秩父銘仙を国の「伝統的工芸品」の指定を受けようという動きを後押ししてまいります。 今後、産業としてだけではなく、銘仙をまちおこしにも積極的に活用していきたいと考えております。

2012年5月3日

ブログ用カレンダー

2012年5月
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

ブログ用最新記事


平成23年12月以前のブログ


 2011年1月~2011年12月
 2009年6月~2010年12月