市長ブログ(平成24年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
2012年2月4日」で絞込み

展示状況1 展示状況2
 秩父地域にはたくさんの名産品があります。例えば食品では、荒川地区を中心とした“秩父のそば”であり、今旬な果物としては“いちご”、全域では“太白サツマイモ”、“大豆 借金なし”などもあげられます。ウイスキーでは“イチローズモルト”も世界的な賞を受賞(平成22年6月8日市長ブログ)いたしました。食品以外では、秩父銘仙が根強い人気で、製造工場は今でこそ少なくなっていますが、伝統産業を守ろうと若手職人が育ってきています。日本繊維新聞では、2月2日の記事に「“ラブ・チチブ”の立ち上げ」という記事を掲載していただきました。これによりますと、1市4町が秩父ブランド“ラブ・チチブ”を立ち上げ、1月開催のJFWインターナショナル・ファッション・フェアでデビューしたと報じられております。この「ラブ・チチブ」は、ブランド化による地域活性化と販路拡大を目的として、秩父ブランド推進委員会が組織され現在10社が参加しております。具体的には、石塚工房がショール、新啓織物が袋物を商品化し、他に、柿渋せっけんなどもあります。このうち新啓織物の袋物は、経済産業省の「WAO工芸ルネッサンス・プロジェクト」に採択され、2月にニューヨーク・3月にパリで開催される展示販売会に出典を予定しています。なお、秩父ブランドの販売は百貨店の常設コーナーやイベントの他、秩父市の地場産センターなど地元でも販売しています。今回は第1弾として「メンズ」関連商品、今後「女子」、さらには「ファミリー」シリーズの商品を開発し販売を予定しています。何しろ、秩父の織物は歴史と伝統があります。明治時代後期に考案された「ほぐし織り」の技法を採り入れ、「秩父銘仙」の登場で全国にその名を馳せました。

2012年2月4日

ブログ用カレンダー

2012年2月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829123
45678910

ブログ用最新記事


平成23年12月以前のブログ


 2011年1月~2011年12月
 2009年6月~2010年12月