市長ブログ(令和2年)

平成30年市長ブログ

秩父市長答弁秩父市長答弁

 14日から今日までの3日間で、12人の市議会議員から一般質問を受けました。

 市が執行している事業に、議員の立場からご意見いただき、教えていただくことも多く、いつも参考になります。また、さまざまなご提案もいただき、その内のいくつかの内容については、担当課と相談し取り入れてみたいと思いました。

 私は市議会議員時代から一般質問が好きで、全ての議会において、環境問題と医療の質問をしたことが、大変懐かしく思い出されます。

 9月定例会の閉会は、24日(木)になります。

2020年9月16日

 秩父市長答弁秩父市長答弁

 今日の一般質問では、久喜市政3期12年の実績およびその成果について、また今後の目標および方針について質問がありました。

 3期目の終盤にあたり振り返ってみると、未来への足がかりとして秩父市政進展の土台を固めた2期8年と、その運用・発展・充実を図ってきた3期目の4年間と言えます。

 主な出来事ですが、

(1)東日本大震災後の対応

(2)旧庁舎解体、秩父宮記念市民会館と本庁舎の合築

(3)新火葬場建設

(4)防災行政無線のデジタル化

(5)水道広域化

(6)秩父新電力株式会社の設立および電力供給開始

(7)98cmの積雪や台風19号への対応 など。

 そして今は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として生活支援と経済支援が挙げられます。今まさにコロナ禍の中、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を進めるとともに、大きな経済的打撃を受けた宿泊施設を始めとした観光関連業、飲食店や各種事業者への支援策に全力で取り組んでいます。そのような中で、市民の皆さんが一番心配されるのは、新型コロナウイルス感染症の第2波、第3波への対策ではないでしょうか。

 この難局を乗り越えるのには、感染症への対応と経済対策の2つがあります。埼玉県唯一の「医師が市長」である私が、感染症への対応として重要となる市立病院での新型コロナ体制の強化と医師会との連携を引き続き進め、新型コロナへの盤石の体制を構築します。また経済対策では、すでに約77億円の予算を計上し数々の緊急対策事業を講じました。素速い対応に、高評価もいただきました。9月定例会にも補正予算を計上しており、市議会で可決いただけるよう対応しました。

 今後も、今までの市政のさまざまな取り組みを継続させ運用し、まちづくりを進めていくことこそ市民の皆さんの付託にこたえることと考えていますので、引き続き全市をあげて市政進展に貢献してまいります

2020年9月14日

秩父市文化団体連合会開会式

 今日は、第57回秩父市文化団体連合会文化祭の開会式に伺いました。

 秩父市文化団体連合会は昭和38年に設立され、現在も20を超える団体が所属し、日々熱心に活動されています。そのような日々の積み重ねや皆さんのご努力の賜物が、秩父地域における芸術文化の創造と発展を担っているものと強く認識しています。

 このコロナ禍で、ほとんどのイベントが中止となっていますが、感染拡大防止対策をしっかり行ったうえで文化祭を行うことは、withコロナ時代の新しい取り組みだと思います。

 日頃から、秩父地域における生涯学習、芸術文化振興に対し、ご尽力いただいておりますことに心よりお礼申し上げるとともに、ぜひとも素晴らしい文化祭にしていただきたいと思います。

2020年9月13日

秩父麦酒醸造所新商品ちちぶオペラ設立

 今日は、秩父麦酒醸造所の丹社長が、「くまさんのいちご」ビールができたとの報告にお越しになりました。秩父で採れたいちごで、埼玉県の新品種「あまりん」「かおりん」の果汁をふんだんに使用した爽やかなサワーエールのビールです。秩父市番場通りの「まほろバル 秩父表参道Lab.」で飲めるとのこと。秩父産のクラフトビールを、ぜひご賞味ください。

 また、例年、オペラを公演していただいていた「ちちぶオペラ実行委員会」が5月に解散し、新たな「ちちぶオペラ」という団体が組織されたとのことで、本日、設立の報告にお越しになりました。

 来年8月には、公演を予定されているとのことですので、非常に楽しみです。ぜひ、頑張ってください。

2020年9月11日

秩父郡の歌披露

 昨日は、一般社団法人秩父宮会主催の「秩父郡の歌」のお披露目会が、秩父神社平成殿1階で行われました。

 ソプラノ歌手の薗田真木子さんの透き通るような歌声と、鈴木啓三さんのピアノの伴奏が、コロナで暗く沈んだ心を明るい気持ちにしてくれました。

 ミニコンサートでしたが、会場の広さに対して参加人数も最適でした。

 まだまだこの状況は続きそうです。ウィズコロナの時代、中止にするのは簡単ですが、かからない、うつさないことをしっかり行って、少しずつでも、いろいろなイベントが開催されていくことを願います。

2020年9月10日

ブログ用カレンダー

<2020年9月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910