市長ブログ(令和2年)

平成30年市長ブログ
February 2020」で絞込み

秩父市長倉澤教育長

 3月定例市議会で議案の質疑が昨日行われましたが、27日の安倍首相の発言を受けて、28日の朝、副市長、教育長を始めとする関係機関の職員を緊急に集めて協議しました。その後、臨時校長会議を招集、各学校の意見を聴取して、秩父市としての対応を決定したので、倉澤教育長より内容を発表しました。

 その内容ですが、

(1)市内全小・中学校の児童生徒に対して、3日(火)から26日(木)まで臨時休業とします。

(2)幼稚園、保育所、学童保育室をいつも通り開校(室)します。また「ふれあい学校」も、教育委員会と協議し開設することとしました。

(3)卒業式は実施する予定ですが、内容については今後検討します。

(4)高校入試の情報を、市としてできる限り入手し対応します。

(5)今後、市として対策本部設立の方向で動きます。

 政府には、ぜひ家庭などへの休業補償、影響を受けている企業や観光産業への補助をお願いしたいと思います。

 秩父市としても、新型コロナウイルス感染症対策に全力で取り組んでまいります。皆さんも不要不急の外出をしないよう、よろしくお願いします。

2020年2月29日

ファミリーマート市長あいさつ

 道の駅大滝温泉にて、大滝特産品販売センターおよびファミリーマート道の駅大滝温泉店のオープンセレモニーが行われました。この大滝特産品販売センター改修は、大滝総合支所などの移転を行った際「拠点形成事業」のアンケートの中で、コンビニエンスストアの出店要望が上位だったことから進めてきました。その際に、ファミリーマート様から「地域貢献型店舗」出店のご案内をいただき、地域の皆さんのご要望とも合致することから、本日ここにオープンの運びとなりました。

 オープンしてからも、地域の皆さんのご協力により、多くの方にご利用いただきますよう心からお願いいたします。地域の中で新たな店舗がオープンしたことにより、大滝地域の皆さんが安心してお買い物ができる店舗として発展することを願います。

2020年2月28日

2020年2月27日 秩父ゆかりの新商品

弁当木の食器木のマウスパッド

 秩父市雇用創造協議会が、「秩父ゆかりの新商品開発」成果物公開セミナーを開催しました。この協議会は、平成26年度から第1期、平成29年度から第2期の厚生労働省による「実践型地域雇用創造事業」を実施してきましたが、いよいよ今回の成果物公開セミナーで終了します。この間、就職面接会やセミナーを開催するとともに、新商品開発を進め、雇用の創出と就職率アップを目指してきました。結果として、雇用の目標を達成できる見込みです。

 今回行われる「成果物公開セミナー」は、観光分野、ものづくり分野の実践支援員4名が、秩父の食材、秩父の木材を使用して開発した「新商品」と、ジオパーク秩父を主題とした「観光動画」と「多言語パンフレット」で、各実践支援員から説明を受けました。

 この成果物が新商品として取り扱われ、市内の雇用創出、地域の発展に繋がればと願っています。

2020年2月27日

2020年2月26日 令和2年度施政方針

施政方針議場

 昨日から、秩父市議会3月定例会が始まりました。

 令和2年度の予算は、一般会計288億円(2.9%増)、特別会計147億円(2.6%増)、企業会計52億円(0.6%増)の合計488億円(2.5%増)を上程いたします。主な理由として、国の子育て支援制度事業、幼児教育無償化、水道出資金の増額、会計年度任用職員制度などがその理由です。この予算の基本は、人口減少、雇用の確保、救急医療の課題、公共施設統廃合などを踏まえ、それぞれ事業を見直し、集約化して、硬直化している財政をさらに健全化するものです。

 令和2年度の最重要事項である3大事業ですが、「(1)医療体制の整備と健康増進(2)セメント跡地を中心とした道路網及びその周辺の整備(3)秩父の自然を活かした産業振興・先端技術の活用」を目指します。その他の注目事業として、「(1)オリンピック・パラリンピックで地域を元気にする(2)1市4町および皆野・長瀞下水道組合で行っている『し尿処理事業』の広域化(3)認定こども園への移行と英語教育の推進、小中学校の全ての児童生徒へタブレットを配布(GIGAスクール構想)(3)吉田の観光農業、大滝サイクルパークBMXコースの国際化、荒川のそば事業」などです。

 ここに記載した内容はその一部です。詳細は議会のインターネット中継をご覧いただきたいと思います。この施政方針は、昨年の8月から12月末にかけて担当部局と何度も打合せしてきた内容を、自分で作り上げて完成させた内容となっています。以前に増して幅広い範囲を網羅している思いますので、「ようこそ!市長室へ」の中に掲載した施政方針をご覧いただければと思います。

 「創意工夫で解決し、一歩一歩、前へ前へ、確実に!」を念頭に、子どもたちの希望に満ちた声がこだまし、住んでる人も訪れる人も笑いあえ、高齢者の皆さんも健康で楽しく暮らせる「日本一、しあわせなまち秩父市」を創り上げていくため、4月から始まる新しい年度も頑張っていく所存です。

2020年2月26日

新型コロナウイルス感染症対策マスク寄贈

 市民の皆さんも心配していると思いますが、新型コロナウイルス感染症が、国内でも確認されるなど、日に日に拡大しています。現在では、いつ、どこで発生してもおかしくない状況となっています。秩父市では、秩父おもてなしTV、ちちぶエフエム、市のホームページなどで広報し、感染を未然に防ぐ努力をしています。

 市民の皆さんにお願いしたいことは、(1)マスクをつける(2)こまめな手洗い(3)人混みを避ける(4)不要不急の外出を控える(5)体調がすぐれない場合は、仕事や学校をまずは休むなどの対策をお願いします。また、(1)37.5度以上の発熱が4日以上続く方(2)強いだるさや息苦しさなどの症状がある方は、県、保健所や厚生労働省へ電話で相談してください。なお、(1)ご高齢の方(2)持病をお持ちの方(3)妊婦の方は、重症化しやすいので、2日程度、37.5度以上の発熱が続く場合は、相談してください。早めに医療機関を受診していただくことになりますが、その際には必ず医療機関に電話をしてから受診してくださるようお願いします。主治医より受診を勧められた場合は、インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎、炎症反応検査など行う場合もあります。病院を紹介される場合もありますので、その指示に従っていただきたいと思います。

 また本日、埼玉消防機械株式会社代表取締役の落合正雄様から、小児用マスク5,000枚を寄贈いただきました。幼稚園や保育園に配布し、大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

 

2020年2月25日

ブログ用カレンダー

2020年2月
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
1234567

ブログ用月別アーカイブ