市長ブログ(令和2年)

平成30年市長ブログ
Friday, January 10, 2020」で絞込み

下水道事業審議会

 秩父市の下水道事業は、65年以上経過し、施設の老朽化に伴う改築、更新費用の増大や下水道使用料収入の減少化などの問題を抱えています。しかしその使用料は、平成9年に改定して以来22年間、使用料はそのままの状況です。そこで、「公共下水道事業における使用料金の適正化」について、下水道事業審議会から答申をいただきました。

 答申の内容は次のとおりです。

(1)議会の同意を得て、令和2年7月に下水道使用料を改定する。

(2)算定期間は、令和2年度から令和6年度までの5年間とする。

(3)平均改定率29%とする。今後は、市の財政状況は厳しさを増し、従来のような一般会計からの繰入金は望めないことから、繰入金の抑制が求められる。使用料収入不足分を補てんするための基準外繰入金1億8,400万円(5か年平均)を、全て解消するためには58%の値上げが必要であるが、今回は一度に解消するのではなく、半減することを目標として平均改定率を29%とする。

(4)使用料体系累進逓増制を維持することが適当である。

 慎重な審議をいただいた結果、使用料平均改定率29%の値上げが必要ということで、大変重く受け止めております。安定し円滑な事業運営を継続していくためには、使用料改定は必要であると考えますが、使用者の負担を強いることとなるので、答申内容を十分に検討し、使用者や市議会などの理解を得ながら、丁寧に手続きを進めていきたいと思います。

2020年1月10日

ブログ用カレンダー

2020年1月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

ブログ用月別アーカイブ