市長ブログ(令和元年)

平成30年市長ブログ
Tuesday, March 12, 2019」で絞込み

 一般質問3日目は、中長期的な財政運営について質問がありました。
 生産年齢人口の減少による個人市民税収入の減少、後期高齢者人口の増加に伴う社会保障費の伸びや、平成32年度をもって普通交付税の合併特例措置が終了します。
 そこで、平成28年度から市債の繰上償還を積極的に行い、普通交付税の抑制分を軽減してきました。市債残高は、リーマンショックがあった平成25年度の304億円、庁舎建設を行った平成30年度の310億円となりましたが、平成35年度には274億円となる見込みです。
 歳出のうち人件費は、職員の適正化計画に基づいて削減していますが、今後は再任用制度の活用、会計年度任用職員制度の導入により人件費の削減ペースは、穏やかになる見込みです。その他、自主財源の確保、補助金や繰出金等の経常経費削減、民間委託の推進や市債の抑制と基金の活用を行わなければなりません。
 今後は、経常収支が赤字になることが懸念されますので、まずは自主財源の確保と経常経費の削減を併せて進める必要があります。また、歳入に見合った適正な規模の歳出に抑制し、政策的な分野に回すことのできる財源を捻出して、将来の秩父市の発展につながる事業に投資していくという、堅実な財政運営を続けてまいります。

2019年3月12日

ブログ用カレンダー

2019年3月
242526272812
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

ブログ用最新記事