市長ブログ(平成22年)

ブログリストRSS 1.0
2010年11月」で絞込み

提言書
 本日は、一般公募の市民、それに有識者、市職員からなる20名の懇話会委員の皆様から「(仮称)ふるさと学習センター」の建設に関する提言書をご提出いただきました。委員の方々には、9月から合計8回の会議と現地視察を行っていただきました。毎回の会議は休みなく3時間に及び、白熱した議論を取り交わしていただき、今回の提言書となりました。改めて、皆様方の秩父への熱い想いを感じました。今回いただきました提言書を基本として、今後の基本計画の策定を進めてまいりたいと考えております。ありがとうございました。
 なお、高橋測量設計株式会社が、高篠小学校前交差点の改良工事で平成22年度埼玉県県土づくり優秀設計委託表彰式で奨励賞を受賞されました。誠におめでとうございます。

2010年11月30日

12月定例会初日の様子
  本日、秩父市議会12月定例会を開催いたしました。私の挨拶のなかで、「常軌を余りにも逸した行動」として、尖閣諸島沖の漁船衝突問題と北朝鮮の砲撃を挙げ、国の早急な対応を求めることをお話し、さらには、地方政治においても、阿久根市や名古屋市、草加市など議会と対立している現状に対し、議会と行政の互譲関係が肝要だと申し上げました。そのほか、第22回全国消防操法大会の報告、歴史文化伝承館での夜祭観覧、秩父市版事業仕分けの報告、平成23年度予算編成の方針、上半期が黒字経営となった市立病院の経営状況などを報告し、18件の議案説明を行いました。議案は、条例の一部改正7件・辺地計画、過疎計画の策定2件・補正予算8件・その他1件であり、その後、担当部局長から詳細を説明いたしました。なお、秩父市一般職職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例等の議案が、本日可決され、市議会議員の報酬と市三役・市職員給与が、総額で約7,000万円削減されることになりました。
 議会は、お祭りを挟んで12月6日(月)から再開されます。一般質問は15人が予定されておりまので、多くの方々に議場にお出でいただくようお願いいたします。

2010年11月29日

全国フォーラム 埼玉大会の様子
 昨日は、農園ホテルにて、日本青年国際交流機構第26回全国大会・青少年国際交流事業事後活動推進大会・第17回青少年国際交流全国フォーラムの、合同による埼玉大会が開催されました。北は北海道から南は沖縄までの約300名の青年が一同に会して、浦山ダムにみる自然との共存、秩父の酒蔵、絹織物などの講演や「旅立ちの日に」の合唱も行われました。内閣府が主催の権威のある、有意義な会合でした。
 私は、秩父の良さをみなさんにPRして、ぜひまたおいでいただくようお願いいたしました。会場の皆さんからは、「秩父は良いところだ、また来たい!」とのお話をいただきました。懇親会では、中近・宮地合同の屋台囃子が披露されその迫力に圧倒されたようでした。このような全国大会を、今後も秩父市で開催していきたいものですね。お出でいただきありがとうございました。

2010年11月28日

秩父市立病院
 秩父市立病院の上半期の経営状況が報告されました。収入では、医業収益が前年同期6,560万円の赤字のところ3,110万円の黒字、経常利益は、前年同期6,946万円の赤字が6,238万円の黒字、結果として当期純利益は前年同期6,982万円の赤字が6,238万円の黒字となりました。この要因として、増加した救急の受け入れに対応しつつ、循環器内科や外科、小児科などの医師を増やし収益を上げたこと、看護師を増やして医療環境を整備したことが挙げられます。一方で、人件費は収益が増えたことで前年同期よりも人件費率が4ポイント下がりました。このことは、その分収入が増えたことによります。そのほか、看護師の努力でベッドの利用効率を上げたこと、定住自立圏基金の充当が功を奏したことなどが考えられます。
 私といたしましても、これでマニフェスト項目の1つでもある「市立病院の黒字経営への転換」が達成されうれしく思っております。職員の努力に心から感謝を申し上げ、今後さらなる経営努力をお願いいたします。そして、市民から信頼される病院、真の中核病院としての役割を果たしていくことをお願いいたします。

2010年11月27日

ボランティアの様子
 秩父の山には、木材価格の低下で間伐が進まず、また仮に間伐してもそのまま切り捨てられた木が放置されている所が見受けられます。そこで、秩父市が国から受託された「緑の分権改革推進事業」の一環として、「ボランティアによる林地残材の搬出(蒔拾い)」が秩父市の山で行われております。現在、高性能林業機械を借りてきて、機械化による間伐とその搬出とともに、市内や荒川流域の方々のご協力で間伐と切り出し、切捨て間伐材の搬出(薪拾い)、搬出木の薪割りを行っております。薪は、薪ステーションに蓄え、薪ストーブに活用することで、まさにエネルギーの地産地消を展開しております。もちろん、この作業により、参加していただいた方々の健康増進にもつながりますし、荒川を通じての上下流の交流も図られます。そのうえ温暖化を防止する森林整備に寄与しています。私といたしましても、この活動がボランティア活動とともに、生業として成り立ち、若者の雇用創出につなげていくことを目指しております。
 なお本日は、給与改定や上半期の決算報告などで、社会福祉協議会理事会、社会福祉協議会評議回、秩父開発機構第56回取締役会、社会福祉事業団役員会(理事会・評議委員会)など会議がたくさんありました。それにしても市長職は多忙です。

2010年11月26日

ブログ用カレンダー

2010年11月
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011