市長ブログ(平成22年)

ブログリストRSS 1.0
2010年12月9日」で絞込み

議場にて 影森の産廃処分場跡地
 吉田地区の布里山では、以前は牧場としてホルスタインを飼育していました。しかしながら肉牛の価格が下がり牧場は閉鎖され今日に至っております。このたび、この地を産廃最終処分場とするため、事業者から秩父市へ予定計画書が出され、この件に関し一般質問でも複数の議員から質問がありました。計画されている処分場の規模ですが、敷地面積11,886平方メートル、埋立地面積は8,480平方メートル、埋立容量は82,730㎥となっております。また処理品目は、廃プラスティック、ゴムくず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず、陶器くず、がれきなどの安定5品目です。計画では、来年10月1日に着工され、供用開始は24年1月1日からの予定となっております。

 産業廃棄物処理施設の設置許可は、埼玉県が行うもので、市では計画を止める権限をもっておりません。しかしながら、秩父市の豊かは自然環境を守り、清流荒川の水の浄化に努めることが、上流域にある秩父市の責務であります。この計画書の縦覧が今月27日まで、生活衛生課と吉田総合支所で行われています。今後、住民説明会や意見聴取が実施される予定です。市民の皆様は、この計画に注目し、大きな関心を寄せていただきたいと思います。

2010年12月9日

ブログ用カレンダー

2010年12月
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678