市長ブログ(平成22年)

ブログリストRSS 1.0
Tuesday, November 2, 2010」で絞込み

財政状況 LED電球の目録贈呈
 国では、平成22年度補正予算原案が国会に上程され現在審議中です。新聞やホームページ等によりますと、22年度補正予算は円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策関連4兆8,513億円で、公共事業の前倒し分を加えると5.1兆円になると報じられています。その内容は、雇用・人材育成、新成長戦略の推進・加速、子育て、医療・介護・福祉等の強化による安心の確保、地域活性化、社会資本整備、中小企業対策等に組まれています。
 秩父市も本日、市議会12月定例会に向けて上程する補正予算の市長査定を行いました。厳しい財政状況のなか、市民のご要望に応えられるよう、また懸案事業を実施できるように査定を行いました。さらに、午前中には、全部局長に対して政策推進会議の中で、平成23年度予算の編成にむけて、「身の丈にあった自治体規模への転換をめざして」と編成方針を述べました。基本ルールとして、新たな施策を行うときは、歳出削減と歳入確保に見合う施策を行う「ペイアズユーゴー」を原則にして、「久喜プラン秩父市経営方針」に示した「平成23年度最重点事項」を確実に実施するように指示しました。市民の皆さまもご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 夕方には、東京電力株式会社様からLED電球寄贈の目録をいただきました。これは、秩父市が「環境みらい都市」として、埼玉県から認定を受けていることによるもので、ご寄贈いただくLED電球は、市民の目に触れやすいところで使わせていただきます。環境に配慮した照明設備をいただきましたことに心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

2010年11月2日

ブログ用カレンダー

2010年11月
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011