市長ブログ(平成22年)

ブログリストRSS 1.0
Saturday, September 25, 2010」で絞込み

東濃ひのき製品流通共同組合にて 東濃ひのき製品流通共同組合にて
 視察2日目は、岐阜県賀茂郡白川町の東濃ひのき製品流通共同組合に伺いました。本組合は、昭和63年に設立され、製材・建築・森林組合・林業など60社で構成されています。この組合の主な事業は、木材製品の共同販売、共同加工(プレカット・木材保存・乾燥・木質バイオマス発電)、木くずの共同処理です。生産する木材には、「ぎふ証明林」を発行し、「東濃ひのき」としてブランド化することで県産材の販売を推進しています。木材加工で排出される木屑を以前は燃やしていましたが、廃棄物処理法の改正に対応するため、平成14年度から建設費約5億6千万円をかけて発電量600KWの木質バイオマス発電事業を始めました。発電する電力は製材した木材の乾燥にまわし、これにより年間石油消費を約2千万円、二酸化炭素約3千トンを削減できたそうです。また、ここ数年は木材系の産業廃棄物を燃やしており、収支は赤字にならず運転できているとのことでした。
 秩父市と白川町との違いは、秩父市のガス化バイオマス発電は燃料となるチップを買って年間約7百万円の赤字を出し、東濃ひのき共同組合のバイオマス発電は燃料の木材が収入源となり収支を健全化している点です。
 2日間かけて岐阜ひのきの生産状況を勉強してきました。先進地域だけに大変参考になる視察となりました。

2010年9月25日

ブログ用カレンダー

2010年9月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789