市長ブログ(平成22年)

ブログリストRSS 1.0
Thursday, September 16, 2010」で絞込み

手洗い
 議会閉会後の昨夜、医師会の講演会を聞いてきました。
 昨年は、新型インフルエンザの猛威がありました。私が市長に就任した最初の仕事の一つが、新型インフルエンザをいかに市内に侵入させないかの対策を講じることでした。しかし、国が空港など水際作戦を行っていたさなかに、クラブ活動などにより若者の集団から急速に感染が拡大をしたことから昨年8月に全国的な流行が始まり、11月に流行のピークとなりました。これに対するワクチン接種は11月中旬から始まりましたが、製造が追いつかなかったために優先順位を設けて実施するなど全国で混乱が続きました。結果的には、次第に患者数が減少してワクチンが余った状況となりました。
 このウイルスには、世界人口の20%~40%が感染したともいわれております。豚から発生したウイルスであり、病原性が恐れられていた鳥インフルエンザのような高病原性のウイルスに変異しなかったことが幸いでした。日本では、20歳以下の若者を中心におおよそ2千万人が感染し、うち千人の方が入院されました。特に高齢の方を中心に、10万人に1人の割合で感染した方が死亡しました。死因の多くは子どもが脳炎、高齢者では肺炎でした。
 現在、このウイルスは季節性インフルエンザと同じ扱いとなり、ワクチンは新型インフルエンザと季節性インフルエンザを合わせたものを接種する予定で、十分な量が用意されているとのことです。いずれにしましても、かぜ予防の「三種の神器」、“うがい” “手洗い” “マスク” は欠かせません。なお、最近になってすでに秩父市でA型インフルエンザの感染がみられたそうです。お気をつけください。

2010年9月16日

ブログ用カレンダー

2010年9月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789