市長ブログ(平成22年)

ブログリストRSS 1.0
Tuesday, May 11, 2010」で絞込み

 多くの市民の方々は秩父市の借金が気になっていると思います。そこで、財務部では、一般会計と特別会計の合計の地方債残高を計算いたしました。(ただし、百万円以下と小数点以下は四捨五入しています。 )
 平成17年度は337億2千万円であったものが、19年度は356億1千万円、21年度はまだ確定していませんが367億7千万円の見込みとなり、少しずつ増加しています。この理由として、各小中学校の耐震化を現在平成26年度までを目途に行っておりますので、起債が年々多くなっているからです。
 しかし、合併特例債などの活用によって、国からの交付税措置の割合が増加しています。その交付税措置の割合ですが、平成17年度は57%、19年60%、21年度65%の見込みです。ですから、実質的な返還額は、平成17年度は145億5千万円、19年度は142億9千万円、21年度は130億1千万円の見込みで、地方債残高は増加しているものの、実質返還額は減少しております。
 いずれにしても、財政状況が厳しいことに変わりありません。一円たりとも無駄にしないで、市政を運営してまいります。
財務部勤務のようす

2010年5月11日

ブログ用カレンダー

2010年5月
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345