市長ブログ(平成22年)

ブログリストRSS 1.0
Wednesday, November 25, 2009」で絞込み

荒川中学校サミット
 高篠中学校にて、荒川中学生サミットが開催されました。高篠中学校生徒約140名、市内中学代表生徒約45名、県内と都内の下流域中学校生徒約25名、教師約15名の学校関係者で合計約225名、他教育関係者、自治体関係者、秩父市議会議員、環境団体関係者の方々、一般参加者が参加していただきました。
 午前中は、高篠のキャタピラージャパン秩父デモセンターで高性能林業機械や他の大型重機の見学をして、午後に高篠中学校体育館に会場を移して荒川中学生サミットを行いました。サミットでは、「アクアリンク」と称して、8校の生徒による環境についての研究発表が行われました。以下がその主な内容です。
 高篠中学では、クリーン大作戦の紹介、定峰川や横瀬川の観察、秩父の観光についての実地研究の発表でした。大滝中学校は、荒川の源流に位置する学校として、自然の中での実体験の発表がありました。小鹿野町立長若中学校は、パックやアルミ缶の回収事業の紹介や炭焼き体験を通して、地域交流と資源の大切さを発表しました。皆野中学校は、総合学習の時間に、水性生物の調査や川の実態調査を通して、クリーンアップ大作戦を紹介しました。熊谷市立玉井中学校は、日本の最高気温を経験した学校で、環境への対策でで地球温暖化を防ごうという試みで『エコ玉』運動を展開しています。グリーンカーテン作りやプランタづくり、マイ箸やエコバックの紹介をしていただきました。さいたま市立植水中学は、蚊についての研究して環境問題に取り組んだ発表でした。足立区立第9中学校は、ペットボトルのキャップ回収でユニセフ募金し、また、制服の生地でエコバックを作った発表でした。荒川区立第5中学校は、墨田川の水を採取しパックテストしました。COD、総窒素量を調べた発表でした。その後、「豊かな森と自然を守るために」と題して、埼玉県立秩父農工科学高等学校新井憲治先生の講演がありました。
 参加していただいた中学生の皆さんの発表は、今地域で抱えている環境問題をしっかり見て、感じ、真剣に発表している内容でした。とても立派な発表でした。私も壇上で中学生と一緒に議論に参加しましたが、皆さんの環境に対する熱意に心を動かされました。『アクアリンク』、流域の方々が一緒になって環境に取り組めば必ず未来は開けると確信しました。

2009年11月25日

ブログ用カレンダー

2009年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
6789101112