環境学習施設「吉田元気村」

 秩父市では、多くの皆さんに環境学習の機会が提供できるよう、環境学習施設の充実を図っています。
 この施設は、平成21年6月に経済産業省とNEDO技術開発機構が新エネルギー利用の先進的・先導的な取組事例として選定した「新エネ100選」の中に選ばれました。地域にマッチした地産地消型の新エネルギー導入のすぐれた事例として認められたものです。埼玉県内で選ばれたのは、秩父市と川越市の2箇所のみです。
 環境学習の機会として、ぜひ見学にお越しください。

見学可能内容

木質バイオマス発電施設(発電と熱利用のコジェネレーション施設)

 市域の87%を占める森林の保全と再生のため、未利用バイオマスである間伐材等の木質チップを利用した日本初の木質系バイオマスガス化・ガスエンジンコジェネレーション施設を設け、発電事業を行っていました。
 平成26年3月15日に発生した火災により、現在は稼働を停止していますが、見学は可能です。
 

てんぷら油リサイクル施設(使用済みてんぷら油を原材料としたBDF製造)

 学校給食や家庭から出る使用済みてんぷら油をリサイクルして、ディーゼル燃料を製造しています。


太陽光発電(体育館の屋根にパネル設置、館内LED照明((株)シバサキ様より寄贈

 防塵仕上げの無床体育館の屋根には、30kWの太陽光発電システムがあります。


サニテーション施設(微生物を利用した排水処理施設)

 バイオマスを使って、元気村の入浴施設やトイレからの排水を処理しています。


見学の申し込み

 「見学申込書」に必要事項を記入の上、メールまたはFAXにて環境立市推進課宛に送付してください。

見学申込書

見学料金

 

「吉田元気村」ホームページ

 「吉田元気村」では、環境学習のほかにも、様々な体験ができます。


※用語解説についてのお問い合わせは、Weblioへお願いします。


見学の予約状況