新型コロナワクチン接種を受ける12~15歳のお子様の保護者の方へ

 12歳から15歳までのお子様が新型コロナワクチン接種を受ける際は、原則として保護者の同伴が必要となります。

 また、その際、予診票の署名欄には保護者の方が署名をしてください。 予診票に保護者の方の署名がない場合、ワクチン接種は受けられませんのでご注意ください。

 

  12歳から15歳までのお子様の新型コロナワクチン接種について詳しくは、下記の説明書をご覧ください。

 <12~15歳のお子様の保護者の方へ>新型コロナワクチン接種についての説明書(厚生労働省ホームページ)(885KB)

※用語解説についてのお問い合わせは、Weblioへお願いします。