市長ブログ(令和元年)

平成30年市長ブログ

2019年11月22日 金婚表彰式 New!


 50年の結婚生活を仲良く重ね、この度はめでたく金婚を迎えられ、誠におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。
 秩父地区におきましては、今回58組の方々が金婚式を迎えられ、本日29組の皆さんにご出席をいただきました。人生にはお祝い事がいくつもありますが、この金婚式というのは、夫婦そろってのお祝い事です。お二人の胸の内は、50年前の結婚のことなど、お二人で過ごしてこられたこれまでの数多くの思い出がよみがえっているかと思います。幾多の人生の荒波と戦い、助け合い、それを乗り越え、支えあって長い時間を歩んでこられた、私たちのお手本とさせていただくお二人です。
 どうかこれからも、夫婦円満で、健やかに楽しく、幾久しく、めでたきご長寿を重ねられますよう心からお祈り申し上げます。

2019年11月22日

2019年11月20日 し尿処理を1市4町で New!


 秩父地域のし尿処理事業の広域化については、昨年6月から定住自立圏の1事業として「ちちぶ地域し尿処理事業広域化検討委員会」で処理施設の統廃合、組織運営等検討を重ねて参りました。下水道の普及などでし尿の処理量は減少を続けていますが、し尿処理事業は一般世帯はもとより、非常時の仮設トイレなどもこの事業の対象であり、住民の生活に直結している事業です。
また、圏域には3つのし尿処理施設があり、いずれも老朽化が進んでおり、処理量は減少する一方で、維持費はかさみ続けています。
 この事業の広域化のメリットは、処理対象を集約し、処理効率を上げること。集約した施設および処理体制を強化し、将来的にも安定した処理を実現することにあります。
 今後、この覚書に基づき、「秩父地域し尿処理事業広域化準備室」を設置することにより、各市町および組合の連携をより一層強いものとし、広域化がスムーズに進むことを願っています。
 その後は、秩父広域市町村圏組合第3回(11月)定例会が行われ、平成30年度決算および令和元年度補正予算が可決されました。

2019年11月20日

2019年11月19日 11月定例記者会見 New!


 はじめに、台風19号による被害状況について話をしました。現在も、災害現場の復旧に向けて国や県と協力し、全力を挙げて取り組んでいるところです。
 片側交互通行となっている国道140号、県道や多くの市道が土砂崩れや道路損壊により、通行止めの状態となっています。そのような中、県道中津川三峰口停車場線の中双里から中津川出合トンネルまでについては、4トンを超える大型車を除き解除となりました(午後6時から午前6時までは夜間通行止め)。また、ネイチャーランド浦山や浦山渓流フィッシングセンターを視察しましたが、どちらの施設も、大量の土砂や流木などが敷地内に広範囲に流れ込んでおり、重機を投入して撤去できればよいのですが、現場に行くことができないことから、復旧にはかなりの時間を要すると思っています。
 今後も引き続き、被災された皆さんが元の生活を一刻も早く取り戻せるよう、災害現場の復旧に全力で取り組んでまいります。
 記者会見での発表事項ですが、
 (1)市議会12月定例会の議案について
 (2)「親子ふれあいコンサート」開催!
 (3)秩父地域の木製品をモクコレに出品!
 (4)今年も秩父夜祭絹市を開催します‼
 (5)大滝氷まつり開催
 (6)「お釜でご飯」を体験します!
の情報を発表しました。

2019年11月19日


 厚生労働省で、社会保障審議会医療部会が行われ、全国市長会代表として出席し、地域医療の厳しい現状について説明いたしました。
 会議では、
(1)医師などの働き方改革で、2024年4月から医師について時間外労働の上限規制が適用されるのを受けて、予定診療報酬改定の基本方針について。
(2)最近の医療提供改革として新聞などでも公表され、さまざまな批判が寄せられており、公立病院を中心とした統合や廃止を含めた地域医療構ついて。
(3)医療従事者の需給に関する検討会。
などで、看護職員需給分科会の中間とりまとめについてとして、2025年度は2016年度に比べ、埼玉県は医師数だけではなく、看護師の数も不足するとの事です。
 私からは、医師の働き方改革は重要だが、医療に携わる全ての働き方を改革しなければならない事や、また診療報酬の改定には、医師の技術に関してキチンとした評価をして頂きたいと意見をしました。

2019年11月18日


 清らかな水の流れと、紅葉の中で開催される「荒川新そばまつり」も今回で26回目となりました。この新そばまつりは、秋に収穫された「新そば」を味わっていただきたいという趣旨のもと企画されています。
 
最近は、癒しを求めて秩父を訪れる観光客が増加する中で、「食」による誘客が大きなポイントとなっています。荒川地域を代表する「そば」も重要な誘客資源として活用されており、このようなイベントを開催することで、秩父地域の観光振興に多いに寄与していることに、関係者の皆さんに対し、感謝申し上げます。
 ぜひ、ご来場の皆さんも新そばの味をご堪能いただき、郷土芸能などもご覧いただき、楽しんでいただきたいと思います。 

2019年11月17日

ブログ用カレンダー

<2019年11月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

ブログ用最新記事