市長ブログ(平成31年)

平成30年市長ブログ

 現在、都市部の方が、移住地と秩父市に生活拠点を置く二地域居住について、事業を進めています。二地域居住が可能な住宅を整備し、秩父地域の活性化と人口増を目指す取り組みです。特にその中でも、姉妹都市である豊島区民の皆さんに、秩父市に住んでいただく事業が、いよいよ本格化します。秩父市上町に、公民連携で進めている「花の木プロジェクト」の一つ、アクティブシニア対象のサービス付き高齢者向け住宅「ゆいま~る花の木」への入居募集が始まります。
 豊島区と連携し、若い世代を含めた多世代の移住や二地域居住など、「人口を奪い合わない」移住・交流促進事業を進め、お互いに持続発展可能な「都市と地方の共生」を目指します。

2019年5月21日


 影森連合町会防犯パトロール出発式が、今年も影森公民館前駐車場で行われました。影森地区6町会の担当の皆さんが、誘導棒を手に持ち、反射板ベストを着用して集合したほか、消防団員の皆さん、地元市議会議員や警察関係者などにもお集まりいただきました。今年も、さまざまな場面で防犯パトロールを行っていただき、地域の安全・安心に取り組もうと誓い合い、それぞれ所属する地域のパトロールに出発しました。
 「自分たちの地域は自分たちで守る」という地域ぐるみでの取り組みは、とても大切なことだと感じました。

2019年5月20日


 このたび、山梨県、埼玉県、長野県および東京都にまたがる「甲武信エリア」をユネスコエコパークとして登録すべき旨の勧告が発表されました。勧告は尊重されるのが通例となっていますので、6月にパリで開催される国際会合で正式決定する見通しです。
 これは、甲武信源流サミットなどをはじめとする関係する皆様の活動の成果や、市民の皆様に長年培われた「自然とともに生きる」という日ごろの生活が評価されたものと、非常にうれしく思っています。引き続き、正式な登録決定に向け、関係自治体、機関や団体と連携を図ってまいります。
 登録決定された際には、これまで以上に関係地域と密接な連携をして、環境の保全と地域資源の持続可能な活用を図るための活動を推進します。

2019年5月17日


 今日は、監事として「一般社団法人全国治水砂防協会」の理事会に出席した後、道路整備促進期成同盟会全国協議会の「通常総会」と「命と暮らしを守る道づくり全国大会」に出席しました。高規格道路、電線無電柱化、自転車道整備など、秩父市がこれから進めていく計画が決議文に記載されています。
 決議文ですが、「地方創生及び国土強靭化を推進し、ストック効果を早期に発揮させるため、次に掲げる項目を計画的かつ着実に実現すること。」とし、
⑴東日本大震災や熊本地震等による被災地の速やかな復旧・復興
⑵防災・減災、国土強靭化の3か年緊急対策を着実に実施するための予算の確保
⑶ダブルネットワークの構築など国土強靭化に資する社会資本整備予算の確保
⑷高規格幹線道路等の未整備区間の解消及び四車線化・六車線化の早期実現
⑸新たな広域道路交通計画の早期策定及び重要物流道路の更なる指定などネットワークの強化及び補助事業による重点整備
⑹予防保全を含む道路の老朽化対策に必要な予算の別枠確保
⑺幹線道路の渋滞対策及び生活道路等の安全対策、無電柱化の推進並びに自転車利用環境の創出
⑻スマートIC整備やSA・PA、道の駅の機能強化及び交通ターミナルの官民連携での整備推進
 「長期安定的に道路整備が・管理が進められるよう、新たな財源を創設するとともに、令和二年度道路関係予算は、所要額を確保すること。」との内容が、決議されました。

2019年5月16日


 4月13日にマレーシアで開催された「BMXアジア選手権」において、市立影森中学校2年生の浅見渚さんが、女子13~14歳クラスで優勝され、本日優勝報告にお越しになられたので、私からスポーツ奨励金を贈らせていただきました。
 浅見さんは、中学校で学業に励みながら、週末は大滝にある「秩父滝沢サイクルパーク」で練習を行い、今回の成績を収めることができました。過去にも、世界選手権に出場し、入賞したこともある実力を持っていることから、今後の活躍を大変期待しています。浅見さんも、パリで開催されるオリンピックに出場し入賞を目指したいと話してくれました。
 これからも応援しています。頑張ってください。

2019年5月15日

ブログ用カレンダー

<2019年5月>
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

ブログ用月別アーカイブ