市長ブログ(平成30年)

平成30年市長ブログ

 一般質問3日目の今日も、4人の議員から質問を受けました。
 今回の一般質問では、森林環境税について3人の議員から質問を受けました。森林環境譲与税の本市への配分額ですが、試算では2019年度から2021年度までは毎年2千570万円程度譲与されると見込まれます。その後3~4年毎に約1千500万円ずつ増額され、2033年度からは満額、毎年8千670万円程度譲与される見込みとなっています。
 この森林環境譲与税を財源とした事業展開については、主に私有林の所有者調べと境界確認、間伐等の森林整備、担い手の育成に使いたいと考えています。なお、担い手の育成については、すでに本年度から地域林政アドバイザー制度を活用し、県の林業職OBを雇用、支所を含む市職員に対して森林整備や森林調査の仕方のアドバイスをしてもらうなど、担当職員のレベルアップを図っています。
 いずれにしても、森林資源で生活が成り立つよう、行政として最大限の有効活用を図ります。

2018年6月20日


 本日も4人の議員から、一般質問がありました。
 中でも、フレイル予防の質問をいただきました。フレイル状態とは、高齢者の身体機能や認知機能が低下して虚弱となった状態のことです。それを予防するため、「茶トレ」の普及・促進、秩父医療協議会で、秩父地域の食生活データ収集・分析等に取り組んでいます。また、秩父ポテくまくん健康体操や地域サロン活動の立ち上げ支援などを実施し、高齢者の健康づくりおよび社会参加を図っています。
 実績として「茶トレ」は、平成29年度に235回実施し5,494人の方に参加していただきました。また秩父ポテくまくん健康体操の実施地区は、平成30年5月現在、11地区で秩父ポテくまくん健康体操サポーターが中心となって、週1回体操を実施しています。
 これからも健康寿命を延ばす施策を、展開していきます。

2018年6月19日


 今日は4人の議員から一般質問があり、森林環境税、お祭り、CCRCやオレンジカフェなどの質問を受けました。
 その中で、三峯神社の「氣守り」頒布に関する三峰駐車場の渋滞対策について質問を受けました。行政としても今まで、さまざまな対策を講じてきたことや、パークアンドバスライド方式は駐車場確保の課題があり、現状では難しいことを説明しました。

 今後も引き続き、関係機関と協議を進めてまいります。

2018年6月18日


 本日、荒川ダム総合管理事務所長から、滝沢ダムのフラッシュ放流を6月22日(金)に実施するとの報告を受けました。フラッシュ放流とは、ダムの下流域の河川形態をより自然な状態に維持、改善するために、一時的に人工の小規模洪水を起こして、付着藻類を剥離して河川を洗浄し、悪臭などを改善する放流のことです。
 河川水位が急に上昇することがあります。サイレンやスピーカーによる注意喚起は行いますが、皆さんもお気をつけいただきたいと思います。
 また長雨、台風のシーズンになります。ルールを守って、楽しく遊んでください。

2018年6月12日

 現在、台風5号が関東地方に接近しており、雨が降り続いています。
 秩父市では今朝、部局長を招集して対策会議を開催し、万一に備えた対応を協議しました。
 秩父地方では昼前後に雨が強くなります。風はさほど強くないとの情報ですが、市民の皆さんにはくれぐれもお気を付けいただきたいと思います。
 万一の場合は、秩父市役所危機管理課(TEL:0494-22-2206)までお知らせください。

2018年6月11日

ブログ用カレンダー

<2018年6月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567