B型肝炎ワクチン

 B型肝炎ワクチンは、平成28年10月1日から、定期予防接種になります。
  

対象

 平成28年4月1日以降に出生した生後2か月~1歳に至るまでのお子さん
※HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与の全部または一部受けたお子さんについては定期の予防接種の対象になりません。
※定期の予防接種が導入される以前に、すでに接種を受けたお子さんについては、定期接種に規定された接種を受けたものとみなします。

接種回数

 1回目接種~27日以上あけて2回目接種、1回目接種~139日以上あけて3回目接種(1歳までに接種を完了する)
※1歳を過ぎると有料となります。

予診票について

 平成28年4月1日以降出生したお子さんには誤接種を防ぐために予防接種歴を確認後、予診票をお渡ししますので、母子健康手帳をお持ちいただき、各保健センターへお越しください。

※用語解説についてのお問い合わせは、Weblioへお願いします。