秩父市内の節分行事

秩父市内の節分行事

 2月3日、秩父市内の各地で節分行事が行われました。春のように暖かい陽気の中で、多くの人が楽しんでいる様子を見ることができました。今回は、秩父神社鬼やらい、諏訪神社の「福神めぐり」、恒持神社の節分祭、三峯神社「ごもっともさま」を紹介します。

秩父神社鬼やらい


秩父神社の鬼やらい

  秩父神社では鬼やらいが、午前中から数回に分けて催されました。平日にもかかわらず多くの人々で賑わっていました。

お祓いを受ける年男・年女 平成殿2階に上がった年男・年女


鬼の登場 鬼が接近!

 裃を身に着けた年男・年女の皆さんは、まず本殿前でお祓いを受け、平成殿の2階に上がります。しばらくすると、平成殿前に赤鬼と青鬼が登場。大勢の観衆が見守るなか、鬼たちは滑稽な舞いを見せていました。舞いの途中で、ときどき鬼が近づいてきては観衆をおどかしていました。それを見て笑顔になる人もいれば、鬼の表情に恐怖を感じたのか泣き出してしまう子どもなど、見ている人の反応はさまざまでした。

豆まき 豆をつかもうとする人々

 鬼たちが舞い終えると、年男・年女の皆さんは「鬼は外……」と掛け声を出して豆まきを始めます。すると、鬼たちは退散。一方で、観衆は小袋をつかもうと必死になって、我先に平成殿前に押しかけ、手を伸ばしていました。

鬼と記念撮影 福引

 豆まきが終わると、鬼と写真撮影をする赤ちゃんの姿や、福引をして運試しをする人の姿もあり、境内は終始和やかな雰囲気に包まれました。


諏訪神社 福神(ふくのかみ)めぐり


諏訪神社の本殿を背にして豆まき 一軒一軒訪問します。

 こちらは上影森にある諏訪神社の節分行事「福神めぐり」の様子です。まず、神主、大黒様と恵比寿様、年男の皆さんが本殿を背にして、「福は内」と声を上げて豆まきをします。その後、町内の一軒一軒を訪問し、年男が豆をまき、恵比寿様は鯛を家の中に入れる所作をし、大黒様は打ち出の小槌を振って、家の中に福を招き入れていました。
 わざわざ家を訪問して福を届けてくれるというとてもありがたい行事。すべての家庭が安心して暮らせることを願っています。



恒持神社 節分祭


恒持神社神楽その1 恒持神社神楽その2

 高篠の恒持神社では節分祭が行われ、神代神楽が奉納されました。恒持神社の神代神楽は、秩父神社の神代神楽を継承しています。衣装や面は大正時代の物で、大切に使われ続けています。太鼓や笛の音に合わせて舞っている様子が滑稽味のある印象を与えていました。



三峯神社 ごもっともさま


ごっともさまその1 ごもっともさまその2

 三峯神社の節分行事は「ごもっともさま」と呼ばれています。「ごもっともさま」とはヒノキでできたすりこぎ棒状で、頭にしめ縄を巻き、根元にミカン2個を下げたもののことです。
 裃姿の年男たちが「福は内!」と唱えながら豆をまくと、後ろにひかえた添人が「ごもっともさま!」と叫んで棒を上方へつき上げます。とてもユーモラスな節分行事で、三峰神社の境内に元気な声が響き、鬼が去り、福の訪れを予感させていました。


花の木保育所での豆まき


 市内の保育所・幼稚園でも豆まき行事が行われました。今回は花の木保育所を取材しました。

鬼に連れられている子ども 赤鬼、青鬼と記念撮影

 子どもたちが手作りのお面を着けて待っていると、赤鬼と青鬼が登場! 鬼は暴れ回ったり、子どもをさらったりとやりたい放題。その様子を見て、おびえたり、泣き出したりしてしまう子も続出していました。この子どもたちが大きくなったとき、どのような思い出として心に残るのでしょうか。
 子どもたちも、鬼さんもお疲れ様でした。