市長ブログ(平成25年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0

2013年12月27日 平成25年の仕事納め

市長訓示 千葉ロッテ・黒沢投手

 平成25年の仕事納めとなり、朝8時45分から職員に訓示をいたしました。「平成25年も今日で仕事納めとなりました。今年を振り返りますと、さまざまなことがありました。それらを一言で言えば『慌ただしい』一年であったとの実感です。西武秩父線の存続問題では、秩父地域の存続に係わる重大事であり、それに重なっての市長選挙、さらに市役所本庁舎等の建設、新火葬場の建設など、よく動き廻った一年であったと思います。今年は、長い年末年始となります。英気を養っていただき、来年も市民のために一丸となって頑張りましょう!」      
 他には、テレビ秩父の新春特別番組の収録と早稲田大学法学部水島ゼミの学生さんの取材があり、その後、秩父広域市町村圏組合第5回理事会がありました。夕方には、秩父市出身で千葉ロッテマリーンズの黒沢翔太投手に面会にお越しいただきました。来シーズンの活躍を期待しています。がんばってください。
 この一年、市長ブログは一日も欠かすこと無く、自ら書き続けることができました。市民の皆様へ、市長としての私の考えとともに、市の最新かつ最重要な情報をいち早くお伝えしたいと願いながら、毎日入力いたしました。この一年のご愛読に感謝し、平成26年が皆様にとりまして素晴らしい年になりますことを心からお祈りいたします。ありがとうございました。

2013年12月27日

2013年12月26日 大滝の巨大な鍾乳洞

環境省にて
 大滝の雁坂トンネルの山側に大きな鍾乳洞があります。入り口は、旧大滝村滝川の支流豆焼沢左岸の標高1,400m付近の国有林内、通称「燕岩」と呼ばれている石灰岩峰の基部に第一洞口があります。この鍾乳洞の名称は、平成元年10月15日に発見した「パイオニア・ケイビング・クラブ」の方々により「瀧谷洞」と名付けられました。その後、クラブの方々が約1年間かけて中の探検を行い、関東地方でも最大級の規模であり、把握された範囲だけでも長さが約2,700mで、福島県あぶくま洞(2,600m)、山口県秋芳洞(2,480m)に匹敵する日本有数の長さになっています。内部は、高低差が160mもあり、入り組んだ複雑な形態をなしておりますが、天井が高いなど洞内空間が広いのが特徴です。さらに、50m以上に連なる滝や深さ30m以上の谷、壁一面真っ白なホール、エメラルドグリーンの池の他に、つらら石、石筍、ケーブパール(洞窟真珠)やチョーク(固まらない状態で岩壁を覆っている炭酸カルシウム)など学術的に貴重な二次生成物が多量にあり、他では見られないほど白く非常に美しい状態となっています。この鍾乳洞までは、出会いの丘から調査歩道を登って行きますが、途中で、登山道が崩れていたり、沢に架けられた橋が流されているなど危険な箇所もあり、さらには国立公園内の第1種特別地域に指定されており、環境省の相当高いハードルを越えなければ開発は難しいと予想されます。また、整備には相当な費用もかかりますので、現在は入り口は塞いでおります。しかしながら、この鍾乳洞を多くの方々に見てもらい、大滝の観光資源にしたい思いから、本日、総務省と環境省に「瀧谷洞」の説明に伺い、今後のことについて相談してまいりました。

2013年12月26日

2013年12月25日 知事のとことん訪問

知事のとことん訪問にて 賞状を贈呈
 知事のとことん訪問で埼玉富士(株)に伺いました。埼玉富士(株)におかれましては、先進機械の製造や電子部品の組み立て、環境への取り組みなど幅広い分野で企業展開しており、なかでも注目したことは、小水力発電に使うプロペラと発電システムでした。秩父市には、小さな河川がありますが、これらの発電システムが使える場所がたくさんあり、ぜひ、研究したいと思いました。
 また、12月15日に開催されました第50回全秩父珠算競技大会で市長賞を受賞した勅使河原なずなさん(小5)にお越しいただき、私から賞状を贈呈いたしました。当日は、秩父郡市の小・中学生から大人まで各塾から130名の参加者により競われましたが、勅使河原さんは中でも秩父市在住の小学生が一番多い小学5年・6年の部で見事優勝されました。勅使河原さんは7年近く珠算を習っているそうです。他に、各珠算教室10団体により団体競技戦が繰り広げられ、第1位、第2位、第3位が決まりました。おめでとうございました。

2013年12月25日

2013年12月24日 秩父市の冬の節電対策

 今年度の夏の節電対策期間のうち、6月から9月までの4か月間の速報値が出ました。基準年とする平成22年度比でマイナス10%となりました。また、国から今冬の節電への協力のお願いが来ており、秩父市としては、 市民、事業者の安全・安心を守るという観点からも、夏の節電に引き続き、部局長からなる対策本部を設置して、この冬の節電を推進していくこととしました。冬季の節電対策では12月から3月末まで、東京電力は7.5%の定着節電を見込んでいますが、秩父市では8%削減を目指してまいります。具体的な取り組み内容として、市役所内の室温が20度になるように、暖房機を19度に設定いたします。市民の皆様もぜひ、ご協力をお願いいたします。

2013年12月24日

挨拶する久喜市長 薗田さんと高橋さん

 今日は、天皇誕生日の休日でした。歴史文化伝承館ホールでは、親子ふれあいコンサートを午前・午後に開催いたしました。秩父市 では、少子高齢化・人口減少が叫ばれる中、「明日の笑顔は世代をこえて!”子育て支援・元気長寿のまち” 宣言」をし、今まで以上に、子育て中の皆さまを始めとした子育て支援施策を充実してきました。 本日はその一環として、秩父市出身のソプラノ歌手薗田真木子さんとピアニスト髙橋望さんの特別な計らいにより、子育てをしているお父さん・お母さんも、お子さんと一緒に本格的な歌声が聴ける音楽会となりました。 ご来場いただいた皆さんと歌い、会場が一体となる楽しい催しになりました。子どもさんの笑い声や元気な歌声を聞いて、これからも、市民の皆様とともに「心動かす芸術文化のまち」を創り上げてまいりたいと実感いたしました。

2013年12月23日

ブログ用カレンダー

<2017年2月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627281234
567891011

ブログ用最新記事