雨の中のデッドヒート 「秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会」

雨の中のデッドヒート 「秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会」

雨の中のデッドヒート 「秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会」

 
 平成24年9月23日、秩父市を会場に、「第60回 秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会」が行われました。スポーツを愛好されていた秩父宮様の冠をいただいたこの由緒ある大会。一般公道をコースにして行われるロードレースでは国内有数の大会であり、多くのロードレーサーたちの間で注目されています。当日はあいにくの雨となりましたが、しぶきを飛ばしながら白熱したレースが繰り広げられました。

秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会1 コバトンとりゅうごんも応援!
秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会2 秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会3

 本大会で開催60回目を迎えるにあたり、上田県知事、久喜市長、地元協賛企業をはじめ多くのご来賓の方々にお越しいただきました。また今回、特別ゲストとして、地元・秩父市出身コラムニストのドロンジョーヌ恩田さんをお招きし、参加選手への激励をしていただきました。ドロンジョーヌ恩田さんも参加が予定されていたパレード走行は、荒天のため残念ながら中止に。それでも、レースは予定どおり実施することになりました。スタートが近づくにつれて選手皆さんの胸が高まります。

秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会4 秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会5
秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会6 秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会7

 レースは、大田、蒔田地区を中心とする周回コースで行われました。高低差のあるこのコースは、熟練された選手でもかなりの体力を使うとのこと。路面も雨に濡れ、難しいコンディションであることはいうまでもありません。鬼気迫る表情で、雨の中を駆け抜ける選手たちに、沿道からは、傘を手に応援に駆け付けた皆さんの声援が送られていました。