暑さに負けずに わんぱく相撲 「千手観音信願相撲」

暑さに負けずに わんぱく相撲 「千手観音信願相撲」

わんぱく相撲は引き分けで 「千手観音信願相撲」

 平成24年8月16日、荒川上田野の船川区にある千手観音堂にて、「千手観音信願相撲」が行われました。この日は猛暑日となり、じりじりと照りつける日差しの下での開催となりましたが、子どもたちは暑さもなんのその。午前中に行われた小学生以下の取組では、凛々しくまわしを締めて元気いっぱいに相撲を楽しんでいました。

千手観音信願相撲4 千手観音信願相撲3

 この相撲は市指定無形民俗文化財にも指定されている歴史あるもので、もともとの起源は定かではありませんが、江戸時代の文政年間(1820年ごろ)に、上田野村(現・秩父市荒川上田野)出身の隅ノ江津雲(すみのえつくも)という力士の信願が叶い、その恩に報いるため、時の花籠親方から辻相撲の免許(辻免状)を得たことで、以来、関東三大辻相撲のひとつと伝えられるまで発展してきたといわれています。

千手観音信願相撲5 千手観音信願相撲1

 午後からは、中学生以上、大人による本番の「信願相撲」(「秩父市の文化財」ページへ)が行われます。「二番どり」と言って、最初の一番は真剣勝負、次には、最初に勝った方が負けて、負けた方に勝たせて1勝1敗とするのがこの「信願相撲」の作法です。のどかで風情がある雰囲気のもと、目の前で迫力満点の取組が次々と行われ、観客の皆さんも手に汗握る、どころか汗びっしょりになりながらも、伝統ある辻相撲を楽しんでいるようでした。

関連情報