花びらが舞い、子らの声響き渡る 「塚越の花まつり」

花びらが舞い、子らの声響き渡る 「塚越の花まつり」

平成24年度塚越の花まつり

  平成24年5月4日、上吉田の塚越地区で「塚越の花まつり」が行われました。この祭りは、お釈迦様の誕生をお祝いするもので、子どもたちが中心に行う珍しいお祭りとして有名です。

 

塚越の花まつり3 塚越の花まつり5

 子どもたちは、祭りの前日までに野山の花を摘み集め、誕生仏を安置する「花御堂(はなみどう)」の屋根を、新芽やツツジのつぼみ・青木の実などで葺き、牡丹や藤の花で飾ります。 
  当日はあいにくの雨でしたが、朝7時ごろ、子どもたちはふもとの熊野神社から参道に花を撒きながら山腹にある米山薬師堂へ向かいました。ときどき、子どもたちの元気な声に応えるかのように、太陽が顔をのぞかせていました。

塚越の花まつり2 塚越の花まつり4

 薬師堂に花御堂を据え、誕生仏を安置すると、境内で輪になって籠に入った花を空高くまきます。花びらが舞うさまは、お釈迦様が誕生した美しい花園を想像させる美しい光景です。集まった観客からは、大きな歓声と拍手が送られました。

塚越の花まつり5 塚越の花まつり6

関連情報