田植唄に 豊作の祈りこめて 「秩父神社 御田植祭」

田植唄に 豊作の祈りこめて 「秩父神社 御田植祭」

田植え歌に 豊作の祈りこめて 「秩父神社 御田植祭」

 平成24年4月4日、秩父神社にて「御田植祭」が行われました。これは、境内を神田に見立て、「田植唄」を歌いながら模擬的水田耕作を行い、今年の豊作を願う行事であり、埼玉県無形民俗文化財に指定されています。冬の秩父夜祭とも非常に関連深い行事で、武甲山の山の神が里に下りる民間信仰でもあります。

 当日午後1時から本殿で神事が執り行われ、秩父市中町に鎮座する今宮神社で「水分神事(水乞い)」へと神部らが行列をなし、水神様を迎えてきます。その後、数々の所作を経て、午後4時ごろに御田植神事が行われます。春うららかな日差しのもと、古式ゆかしい神事を見ようと、多くの参拝者が訪れていました。

鳥居下に飾られた藁縄の大蛇 竹でできた鍬を振るう「田打ち」

(写真左)鳥居下に飾られた藁縄の大蛇

(写真右)「苗代づくり」最初の所作は、竹の鍬を振るう「田打ち」


馬耕を見立てて行う「代掻き(しろかき)」 鍬を左右に振りながら「田ならし」

(写真左)馬耕を見立てて行う「代掻き(しろかき)」

(写真右)鍬を左右に振りながら行う「田ならし」


 「種籾まき」では、前年の秩父夜祭で秩父神社にお供えされた神饌田の稲穂が使用されます
「種籾まき」では、前年の秩父夜祭で大前にお供えされた神饌田の稲穂が使用されます 種籾は参列者にも手渡されます

 本田づくりの所作の最後には、いよいよ「田植え」が行われます
いよいよ田植え1 いよいよ田植え2が行われます