浦山歴史民俗資料館

 秩父浦山谷 ―谷・ひと・暮らし―

浦山ダム建設に伴う水源地域整備事業により平成12年に建設された資料館です。浦山地域の生活文化の復元と保存・伝承を行っています。



浦山歴史民俗資料館 浦山歴史民俗資料館

住所 〒369-1801 秩父市荒川久那3805-7
電話・FAX 0494-25-6121
交通 秩父鉄道浦山口駅徒歩10分
秩父鉄道バス(秩父駅~浦山) 浦山大日堂行、鍾乳洞入口下車
入館料 無料
開館時間 午前9時~午後5時
休館日 火曜日(祝日の場合はその翌日)、12月29日~1月3日

<館内案内>

浦山歴史民俗資料館
浦山歴史民俗資料館 (1)浦山の獅子舞
浦山歴史民俗資料館 (2)暮らしの風景
浦山歴史民俗資料館 (3)祈りの風景
 

(1) 浦山の獅子舞

 実物の獅子頭とともに浦山のV字谷をイメージした背景に配したモニターで迫力ある浦山の獅子舞をご覧いただけます。

 

(2) 暮らしの風景

 「山の民の伝統」と「焼畑の記憶」と題し、浦山の暮らしを支えた伝統的な生業を中心に紹介しています。

 

(3) 祈りの風景

 「ムラ」の祭りと「人びとの祈りと信仰」をテーマに、浦山の人たちの神仏への祈りを紹介しています。

 

(4) 浦山に生きる

 浦山の文化財を中心に「浦山の自然」・「浦山の歴史」を取り上げ、暮らしの足跡とその変貌を紹介しています。

 

(5) ビデオコーナー

 映像を用いて、さまざまな浦山の表情を紹介しています。

 

(6) 企画展示コーナー

 浦山の魅力を伝える催しで、皆様の来館をお待ちしております。

(7) お手洗い
(8) 収蔵庫
(9) 事務室