鬼が舞い 福神様が街へと繰り出す 秩父の節分

鬼が舞い 福神様が街へと繰り出す 秩父の節分

 

 平成24年2月3日、秩父市内の各地で節分の行事が行われました。地域に古くから伝わり、地元の方の生活に根付いているこの行事。今回は、上影森の諏訪神社福神めぐりと、秩父神社の節分追儺(ついな)祭の中で行われた鬼やらいを取材しました。

 「諏訪神社福神(ふくのかみ)めぐり」 の様子

 

福神めぐりの様子

 

 上影森に鎮座する諏訪神社の節分行事は一風かわっています。3日の正午すぎ、福神様とえびす様を筆頭に、神社の神主、氏子総代の皆さんがまず神社境内で神事や豆まきをします。こちらでは鬼は登場せず、本殿を背に、「福は内」の掛け声を張り上げます。その後、宮本町、八幡町、大沼町などの家々をめぐり、一軒一軒に福を招き入れます。これが、「福神めぐり」といわれる所以とのこと。300軒もの家々を二手に分かれて巡り、わざわざ福を届けてくれる福神様たちに、住民の皆さんも顔がほころびます。

諏訪神社福神めぐり1 諏訪神社福神めぐり2

 
 今年は、初めて地元の影森小学校にも福神様たちがやってきました。ちょうど休み時間で校庭に集まってきた子どもたちは、珍しい来客者に大喜び。福神様たちのお面のようにみんな笑顔になり、「また来年もきてね」とお願いする子どもたちもいるなど、大人気でした。

諏訪神社福神めぐり3 諏訪神社福神めぐり4

秩父神社 節分追儺祭 鬼やらいの様子

 

 一方こちらは秩父神社の鬼やらいの様子です。日中、数回にわけて行われ、そのつど参拝者でにぎわいます。時間になると、年男・年女の皆さんなどが本殿前にてお祓いをしたのち、平成殿に移動します。その後、下の境内の平成殿前では、赤鬼、青鬼が登場し、ギャラリーをおどかしながらユニークな舞を踊ります。

秩父神社 鬼やらい1 秩父神社 鬼やらい2

 
 鬼の舞が終わり、平成殿を見上げると、年男、年女の皆さんが枡を手に袋詰めの豆をまきはじめました。境内の参拝客も我先にと群がり、大変な盛り上がりをみせていました。

秩父神社 鬼やらい3 秩父神社 鬼やらい4

 その後、境内ではなごやかに鬼と写真撮影が行われていました。鬼にだっこされて泣きじゃくる子どもたちの姿に、自然と観客の皆さんも顔がほころびます。神楽殿に目をやると、福神舞が披露されていました。こちらも舞の後にお供物が撒かれるとあって多くの方が集まります。上の境内でも、福引大会が行われたり甘酒がふるまわれたりと、参拝者の皆さんも思い思いに節分を楽しんでいるようでした。
 時代は変わっても、福にあやかろうとする人々の想いは昔も今も同じ。立春前の変わらぬふるさとの光景に、ほっと息をついた心地でした。

秩父神社 鬼やらい5 秩父神社 鬼やらい6