林家たい平師匠&三遊亭小遊三師匠 「秩父VS大月 バトルトーク」 in秩父

林家たい平師匠&三遊亭小遊三師匠 「秩父VS大月 バトルトーク」 in秩父

林家たい平師匠&三遊亭小遊三師匠のバトルトーク

 
  平成22年10月24日、秩父宮記念市民会館にて、「笑点」でおなじみのお二方、秩父市出身のご存じ林家たい平師匠と、山梨県大月市出身の三遊亭小遊三師匠による「秩父vs大月 小遊三・たい平 二人会」が開催されました。会の中では、秩父市長、大月市長を交えてのトークバトルも催され、テレビさながらご当地自慢合戦が繰り広げられました!

たい平師匠の幟 小遊三師匠とたい平師匠

 
 この企画は、地元・林家たい平後援会の全面協力によって実現されました。午前中からの「林家たい平後援会独演会」に引き続き行われた「大月vs秩父 小遊三・たい平 二人会」は、今年6月6日に大月で行われたトークバトルの第2弾。前回の“アウェー”からかわって今回は“ホーム”ということで、秩父市からは公募で当選した約800人の市民が応援に駆けつけました。一方の大月市側からは、バス2台を繰り出して約100人の市民が参戦。ジョークを交えての抱腹絶倒トークに会場は笑いにあふれかえっていました。一方の両市長も、師匠たちによる援護を受けてしっかり地元をPR。最後にはがっちりと握手を交わし、秩父市と大月市の因縁の?お笑い対決は幕を閉じました。

三遊亭小遊三師匠 小遊三師匠

 

 トークバトルの後には両師匠とも高座で本領発揮。さすがの落語に会場の皆さんも時を忘れて楽しんでいたようです。もちろん、たい平師匠の十八番、もはや知らない人はモグリ!?の「人間・秩父夜祭」も披露。約一か月先の夜祭本番を前に、熱の入った名演をご披露いただきました。

林家たい平師匠 たい平師匠